Think(考える)

【実体験】過敏性腸症候群(IBS)を気にしない方法【3選】

 

 

ますたん
過敏性腸症候群になってしまうとお腹の不調が続くことがあるので、生活に支障が生じることも有ります♪

 

お腹の調子が悪いと体調に様々な不具合が生じてくるので注意が必要です。

 

結論

結論から言えば、お腹が痛かったり、ゴロゴロしたり、張ってしまったり実際に感じてしまっているので気にしないのは難しいです。それを分かった上で出来る限り気にしなくなるように実践している方法をご紹介していきます。

 

1.過敏性腸症候群(IBS)とは

過敏性腸症候群(IBS)とは

 

過敏性腸症候群(IBS)とは、検査をしても異常が無いのに下痢・便秘・腹痛等の不調が生じてしまうことです♪
ますたん

 

日常生活においていきなり襲われる腹痛等が心配で行動しづらくなってしまいます。

 

下痢や便秘が続いて不安になるので、検査は必須です。

 

それでも地味な腹痛等が続くと、勉強や仕事に集中できないけど、寝込むほどではないという辛い状態になります。

 

2.自己判断はNG

自己判断はNG

 

器質的な病気ではないことが前提にあるので、大腸検査や胃カメラを行う必要があるかもしれません。

 

ますたん
自分で判断をしてしまい、処置が遅れてしまわないように専門家である医師に判断して貰うのが良いでしょう♪

 

検査を行った方が良いと言われて検査をして問題が無ければ初めてIBSと言えます。

 

自身で判断を行うことは危険ですので、お勧めできません。

 

3.過敏性腸症候群を気にしない方法【3選】

過敏性腸症候群を気にしない方法【3選】

 

過敏性腸症候群を気にしない方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.好きなことをする

好きなことをする

 

先ずは、好きなことをするです

 

好きなことをしていると気が紛れることも多いです♪
ますたん

 

とりあえず出来ることなら無理にしなければいけないことは後回しにして休む必要があります。

 

日頃からストレスを溜めない行動を心掛けていく必要があるのです。

 

ストレスが溜まっていない状態から、ストレスを意識した行動を心掛けていきましょう。

 

3-2.マッサージ

マッサージ

 

次に、マッサージです

 

お腹が張って仕方がなく、好きなことをしている余裕が無い時等はマッサージをしています。

 

ますたん
大腸を軽く揉み解すだけでも気持ち的に大分変ってくるのです♪

 

科学的に考えすぎてしまうと逆にストレスになってしまうので、ストレッチ等何となく良いと感じることも有効と言えます。

 

器質的な異常ではないので、プラセボ効果でも積み重ねて体調が良くなればそれでOKと考えていきましょう。

 

3-3.運動

運動

 

最後に、運動です

 

運動は1番気にならなくなる方法でおすすめと言えます。

 

単純に体を適度に動かしていると体調が良くなることが多いです。

 

何となく良い気がすると感じることを習慣にしていきましょう♪
ますたん

 

無理をする必要はないので、辛すぎる時は運動もせず休むことが大切です。

 

結論:完璧になりすぎない

 

過敏性腸症候群を気にしない方法【3選】

・好きなことをする

・マッサージ

・運動

 

過敏性腸症候群は原因が具体的に分からないので、生活習慣を変えていく必要があります。

 

ますたん
ですが、それをしているから絶対に大丈夫というわけでもありません♪

 

気長に考えて、『まあお腹は崩れる時はあるよね』と対策をしながらも寛容に受け止めていきましょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございます(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog