Think(考える)

体重をコントロールするために食べ過ぎを防ぐ方法【3選】

 

 

あなたは体重をコントロールしていますか?

 

その方法のひとつに食べ過ぎを防ぐと言うのがあります。

 

結論から言えば、体重を減らすよりも太らない為に食べ過ぎを防ぐことが大切であり、その方法を日々実践して体重をコントロールすることが重要なのです。

 

そこで今回は以下のことについてご紹介していきます

 

1.体重をコントロールするとは

体重をコントロールするとは

 

体重をコントロールするとは、身長に対する標準的な体重を自分でキープしていくことを言います

 

体重の方が分かりやすい方が多いので体重をコントロールすると表現していますが、体脂肪率が最も大切です。

 

なぜなら、体重を減らしても筋肉まで減らしてしまえば、代謝が下がり太りやすい体になってしまうからです。

 

ですから、体重とともに体脂肪率をキープするように心掛けましょう。

 

2.なぜ食べ過ぎを防ぐのか

なぜ食べ過ぎを防ぐのか

 

太ってダイエットして、太ってダイエットしてでは定期的に大変な思いをするようですよね♪

 

それよりも少しずつ気をつけているほうが気持ち的に楽なのです。

 

運動を必死に頑張るよりも、食べるのを少し控えるだけですから、慣れればダイエットして頑張らなくても良いのです

 

食べ過ぎは体調が悪くなったり、良いことは無い上対策は簡単です。

 

故に食べ過ぎを防ぐことが、体重をコントロールする為に重要な役割を果たすのです。

 

3.体重をコントロールするために食べ過ぎを防ぐ方法【3選】

体重をコントロールするために食べ過ぎを防ぐ方法【3選】

 

体重をコントロールするために食べ過ぎを防ぐ方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.よく噛み・ゆっくり食べる

よく噛み・ゆっくり食べる

 

先ずは、よく噛み・ゆっくり食べることです

 

こちらは良く言われることですね。

 

よく噛んでいれば満腹中枢が刺激されて少ない量でお腹がいっぱいになります。

 

なにより味わってゆっくり食べることを意識することが大切です。

 

食に対する意識づけを変えていきましょう♪

 

参考記事:【五感】感性を磨くと幸せになれる理由と方法【感受性】

 

3-2.食後にオーラルケアを行う

食後にオーラルケアを行う

 

次に、食後にオーラルケアを行うことです

 

オーラルケアは健康の為に大切と言われています。

 

ですが、ここでは難しい話ではありません♪

 

しっかりケアしたら汚す気にならないと言う根本的なお話です。

 

以下のようなことを実践しましょう

・歯磨き

・デンタルフロス

・マウスウォッシュ



ここまでやった後に食べれば、またこのケアを行うことになります。

 

3-3.消費カロリーで考える

消費カロリーで考える

 

最後に、消費カロリーで考えることです

 

摂取カロリーで考えることも大切ですが、食べ過ぎてしまう方は敢えて基礎代謝量などを無視して考えてみて下さい。

 

これを食べたらこれだけ動かないといけないのか。

 

と言うことが分かれば、簡単には食べれません。

思っているより運動で消費するのは難しく感じるはずです♪

 

先を考えて行動していきましょう。

 

まとめ

 

体重をコントロールするために食べ過ぎを防ぐ方法【3選】

・よく噛み、ゆっくり食べる

・食後にオーラルケアを行う

・消費カロリーで考える

 

このように、食を楽しむような意識づけや、先を見てめんどくさいを利用してみるのも手です。

 

習慣化してしまえばこちらのものです

 

少し妥協しても普段行っていることが崩れることはなくなります。

 

気付かない間に太らないようになり、体重をコントロールできるようになっているでしょう。

 

注意としては極端に行えば拒食症のようになってしまいます。

 

少なくともたまには体にあまり良く無くても好きなモノを食べましょう♪

 

参考記事:【ダイエット】1週間で7kgペースで痩せた方法と正しい痩せ方【ダイエット】食べないで痩せるのがNGだと分かる簡単な理由【3選】

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog