Accounting(会計) Think(考える)

相対評価の試験を勝つ為の心得【3選】

 

 

ますたん
相対評価の試験は、例年通りの合格点に達したとしても合格はできない可能性があります♪

 

相対評価の試験だからといって基本的なところは変わらない知ることが大切です。

 

結論

結論から言えば、周りの評価を気にしすぎることなく、自身の中で定量的に考えて日々精進していくのが重要と言えます。

 

1.相対評価の試験とは

相対評価の試験とは

 

相対評価の試験では、上位1割が合格など、他者の点数が関係してきます。

 

去年が70点で合格だったとしても、簡単な問題が出題されれば合格点は75点かもしれません♪
ますたん

 

周りの点数に左右されるので、周りより解ける必要があるのです。

 

相対評価の場合には周りの点数を気にしてモチベーションが下がってしまうこともあるので注意が必要と言えます。

 

2.絶対評価と相対評価の違い

 

絶対評価の場合には合格点が決まっているので自分がその点数をとれば合格です。

 

ますたん
相対評価の試験と違い周りが何点取得したかは関係がありません♪

 

難しい問題が出題されれば単純に合格することが難しくなります。

 

このように相対評価と絶対評価ではどちらもメリットデメリットが存在しているのです。

 

3.相対評価の試験を勝つ為の心得【3選】

 

相対評価の試験を勝つ為の心得【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.過去の点数を超える

 

先ずは、過去の点数を超えるです

 

周りの点数が変わるとはいえ自身の点数を良くしていかなければ合格はありません♪
ますたん

 

周りが点数を取ってきたから自分が合格できなかったと言っても合格はできないのです。

 

他の人を妨害して点数を下げることなど許されるはずはありません。

 

日々勉強を重ね点数を取れる体制を整えていく必要があるのです。

 

3-2.試験の内容に合わせる

 

次に、試験の内容に合わせるです

 

ますたん
相対評価の試験ということは、全て絶対に解けなきゃいけないわけではありません♪

 

つまり問題数が多く難易度が高い場合、他の人も解けなく点数は下がる傾向にあるので、解ける問題を探す必要があります。

 

簡単かつ問題数が少なければ点数は上がる傾向にあるので、いかにミスなく確実についていけるかが大切になるのです。

 

どのように点数を取っていくのか問題に合わせられるように特訓していきましょう。

 

3-3.精神を管理する

 

最後に、精神を管理するです

 

精神論で日々を行っている場合、実際に点数を取るのを意識しなくなることもありますので、あまり良くないかもしれません。

 

ますたん
ですが実際にはどのような問題が出題されいかに落ち着いて解くことができるかがとても大切です♪

 

何より相対評価の場合極端に難しい問題が出題される場合もあります。

 

そんな時には焦ることなく、解けないと割りきり飛ばす勇気も必要です。

 

このように精神的にいかに落ち着いて解いていけるか、事前に準備しておきます。

 

準備しておけばもし難しい問題が出題されたとしても落ち着いて解いていくことが可能となるのです♪
ますたん

 

結論:相対評価でも自分を重視

 

相対評価の試験を勝つ為の心得【3選】

・過去の点数を超える

・試験の内容に合わせる

・精神を管理する

 

相対評価だからと周りと比較して意識的に行動する必要はありません。

 

ますたん
時に自分がどの位置にいるのか冷静に客観的に把握することは大切です♪

 

ですがそれで落ち込む必要はなく過去の自分を今の自分が越えられていれば問題はありません。

 

自分を信じて突き進むのみです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog