Think(考える)

経営学とは何を学ぶのか?どんな学問なのか?経営学を効率的に勉強する方法【3選】

 

 

ますたん
経営学はあまり馴染みのない学問であるため、どのようなことを勉強するのか、掴みづらいです♪

 

経営学における基礎を学ぶ前に、どのような学問であるのかを把握しておくことが内容を理解していくには近道と言えます。

 

結論

結論から言えば、 会社経営を行っていくにあたり必要な、経営の方向性の決め方から、経営方法、モチベーションなど、経営を有利に進めていける知識を学ぶことが出来るのです。

 

1.経営学とは何を学ぶのか?どんな学問なのか?

経営学とは何を学ぶのか?どんな学問なのか?

 

経営学を一言で表すのなら、会社経営の方法です♪
ますたん

 

会社経営は基本的に1人で行うのではなく、従業員を雇って行っていきます。

 

組織として会社を経営して行くにあたり、従業員のまとめ方やモチベーションなどがとても大切になってくるのです。

 

定量的に考えられてきた1つ1つのケースの積み重ねは、科学的と言えます。

 

ますたん
初めて行うことは誰しも解らないですが、他の人が行ってきた結果を知る機会があれば、失失敗した原因を学べるので、対策を講じていけば、失敗を避けて行けるのです♪

 

経営学においてもこれは同様で、定性的にこれを学んでいけることで、適切な意思決定を行行なえます。

 

2.経営学の心得

経営学の心得

 

経営学は人について良く考える必要がある学問と言えます。

 

金額などで考えている場合、人の体力や精神を無視してしまうかもしれません。

 

一緒に働いている従業員は機械ではないので限界があります。

 

簡単に言えばいかに従業員にやる気を出してもらえるのか等も大切なのです♪
ますたん

 

また、目の前の利益に飛びつくことで長期的に悪い方向性に進んでしまうこともあります。

 

短期的視点と長期的視点、どちらも視野に入れて考えていく必要があるのです。

 

経営学を学ぶ上で重要な心得【3選】

続きを見る

 

3.経営学を効率的に勉強する方法【3選】

経営学を効率的に勉強する方法【3選】

 

経営学を効率的に勉強する方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.現実世界

現実世界

 

先ずは、現実世界です

 

ますたん
学問は過去に起こったこと等を学びますが、現実的に考えることが大切です♪

 

経営学においてこれは会社であり、会社の内部を見れば一目瞭然と言えます。

 

もし、会社に勤めていない学生等の場合には、お店に足を運んでみると良いでしょう♪
ますたん

 

視点を変えてこれらについて見てみてください

・出店場所

・商品の配置

・商品のパッケージ、価格設定、デザイン

・従業員の仕事内容

 

このような商品を『売る』という視点で考えてみると考えが変わります。

 

3-2.革新的(イノベーション)

革新的(イノベーション)

 

次に、革新的(イノベーション)

 

経営学で学んでいる内容はあくまでも過去や現在の勉強です。

 

ますたん
つまりその知識をいかに未来に使っていくかが重要と言えます♪

 

基本的には学んだことをいかに現状に活用していけるかを考えていけば、受け入れられやすい新たな発想が浮かぶかもしれません。

 

これとは別に抜本的に物事を変えた方が効率的に感じたら、想像していく必要がありますので、どちらも常に頭に入れながら学んでいく必要があります。

 

3-3.経営者

経営者

 

最後に、経営者です

 

経営学は会社を経営する際に必要となる学問です。

 

確かに従業員として働いている場合にも大いに役立つ知識が多いと言えます。

 

ですが、経営している視点で考えると話が早い筈です。

 

自分が経営する場合にはどのようにしていけば良いのかを考えながら学んでいきましょう♪
ますたん

 

結論:柔軟に考えることが大切

 

経営学を効率的に勉強する方法【3選】

・現実世界

・革新的(イノベーション)

・経営者

 

基本的には自分が経営者になる等、あまり馴染みが無い方も多く頭に入ってこないかもしれません。

 

ますたん
ですが、柔軟に楽しく勉強していく為には、自分をその状況に持っていく必要があります♪

 

自身を専門家・経営者であると錯覚させながら勉強していくと楽しく学べるはずです。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog