Think(考える)

仕事でメリハリをつける方法【3選】

 

 

日々の仕事でメリハリが付かずだらだらと効率悪い仕事をしてしまうこともあります。

 

ますたん
時間が長引いてしまい残業になってしまえば、次の日の仕事に影響が出る可能性も考えられるでしょう♪

 

いかにメリハリをつけて仕事をしていくかが、大切になってきます。

 

結論

結論から言えば、時間など客観的手術によりかけることでメリハリを付けていくことができるようになるでしょう。

 

1.仕事でメリハリをつける

仕事でメリハリをつける

 

仕事は、日々似たような業務を行うことが多いです♪
ますたん

 

飽きてしまえばダラダラと業務が長引いてしまうこともあります。

 

ますたん
メリハリをつけて業務を行っていくことで、新鮮味を感じられて、効率的な業務ができるでしょう♪

 

試行錯誤して仕事にメリハリをつけていく必要があるのです。

 

2.仕事でメリハリがつかないと

仕事でメリハリがつかないと

 

仕事でメリハリがつかない場合、やりたくない業務を永遠にやらなければいけません。

 

非効率になるだけでなく、負の連鎖に陥ってしまいます。

 

努力するためにずっと考えていると、逆にメリハリがつかなくなってしまい良くないこともあるでしょう♪
ますたん

 

切り替えていけるように考えていく必要があります。

 

3.仕事でメリハリをつける方法【3選】

仕事でメリハリをつける方法【3選】

 

仕事でメリハリをつける方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.時間

時間

 

先ずは、時間です

 

ますたん
時間は、変えることのできない客観的事実と言えます♪

 

時間で区切ってしまえば、強制的にメリハリがついていきます。

 

今すぐに終えなければいけない業務ではないのであれば、時間で区切るのが良いでしょう♪
ますたん

 

ダラダラと同じ業務を行い新たなアイデアが生まれず、非効率的になることを防げます。

 

3-2.休み

休み

 

次に、休みです

 

人は機械ではないので、休みが必ず必要になります。

 

休んでいる時であっても仕事の事を考えていれば、次出勤した時に、楽に業務を進められると考えがちです。

 

一方で、気持ち的に休まらずメリハリがつかなくなってしまいます。

 

ますたん
休み時間や休日は仕事のことは考えず、好きなことをして過ごすことで、新鮮な気持ちで仕事に臨むことができるでしょう♪

 

3-3.計画

計画

 

最後に、計画です

 

TODOリストのように、今日、今週、今月、今年何を行なうのか計画を練っていきましょう♪
ますたん

 

計画していけば何をしなければいけないのかを自覚でき、メリハリをつけれるようになります。

 

ますたん
また、計画したことと実際に行なったことを比較することで、自身がどのような業務を行っているのか理解できるでしょう♪

 

新たな計画に練り込むことで、実践的な計画をすることができメリハリがつくようになります。

 

結論:客観的に区切る

 

仕事でメリハリをつける方法【3選】

・時間

・休み

・計画

 

自分の気持ちの中で業務をなんとなく口切ろうと思っている場合、メリハリがつかなくなりがちです。

 

客観的に時間や業務、休みなどを区切れば、勝手にメリハリがつきます♪
ますたん

 

メリハリをつけるよりも、メリハリが勝手につくように考えていく必要があるでしょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog