Think(考える)

お金がない人が助けてほしい時に考えたい改善策【3選】

 

 

お金がなくて誰かに助けてほしい時は誰にでも起こりえます。

 

ますたん
でも、お金を助けてくれる人はなかなか現れないでしょう♪

 

助けて貰ったところで返さなくてはいけないので、借りることも良いとは言えません。

 

結論

結論から言えば、収支について把握して日々の生活を改善していく必要があります。

 

1.お金がない状況とは

お金がない状況とは

 

お金がないと言っても状況により異なります。

 

お金がない状況

・給料日前

・給料自体が足りない

・趣味で浪費が多い

 

いずれにしても、お金が足りない状況を打開しなくてはいけませんが、原因を誤っては改善も出来ません。

 

原因が収入が少ないからだと思うのは危険なので考えていく必要があります♪
ますたん

 

2.今を打開しても意味がない

今を打開しても意味がない

 

ますたん
今この状況を打開しようと思って毎月同じ状況になってはいませんか?

 

実際今月だけ給料が少なくて足りない場合はあるかもしれません。

 

ですが、いつも足りない場合には今の状況を打開しても意味がないでしょう♪
ますたん

 

改善しなくては同じ状況がまたやってくることは言うまでもありません。

 

3.お金がない人が助けてほしい時に考えたい改善策【3選】

お金がない人が助けてほしい時に考えたい改善策【3選】

 

お金がない人が助けてほしい時に考えたい改善策【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.収入に見合った生活

収入に見合った生活

 

先ずは、収入に見合った生活です

 

収入に対応した生活を送るために、お金がでていくところを見直す必要があります。

 

ますたん
収支について把握してみて、節約できるところを改善していきましょう♪

 

固定的に出ていくお金はもちろん、食費などは努力次第で思っているよりも節約できます。

 

毎月のことなので、少しの節約でもかなり大きな額になるでしょう♪
ますたん

 

3-2.底なし沼はないか

底なし沼はないか

 

次に、底なし沼はないかです

 

底なし沼とはお金が永遠にでていくところのことを指しています。

 

ますたん
ギャンブルなどは簡単に数万円消えていくので要注意です♪

 

全面的に悪いわけではありませんが、お金が永遠に出ていく状況ではいくら収入を増やしても意味がありません。

 

節約したところで直ぐに出て行ってしまってはアホくさく感じてしまうでしょう♪
ますたん

 

3-3.借りることは返すこと

借りることは返すこと

 

最後に、借りることは返すことです

 

お金を借りる場合は当然返さなくてはいけません。

 

つまり、借りる場合にはその分働いてもお金を受け取れないのと同じです。

 

ますたん
ただで働くのを想像してみてください、当然借りたくなくなるでしょう♪

 

利息がつけばその分返す額は増えるので損をしていることになります。

 

借りることは返すことだと自覚していきましょう♪
ますたん

 

結論:長期的視点で考えていく

 

お金がない人が助けてほしい時に考えたい改善策【3選】

・収入に見合った生活

・底なし沼はないか

・借りることは返すこと

 

短期でその場しのぎ繰り返していても意味がありません。

 

ますたん
長期的に改善していけるように考えていきましょう♪

 

なにより可視化して収支を把握するために、紙に書き出してみると良いと言えます。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog