Think(考える)

いじめられていることを親に言えない時の対処法【3選】

 

 

いじめを受けている状況は辛くて誰かに助けてほしいでしょう。

 

ますたん
基本的には子どもは親に相談するべきですが、言いづらく感じてしまいます♪

 

ですが、対処をしなければ辛い思いをするだけでなくトラウマになってしまうかもしれません。

 

結論

結論から言えば、誰でも良いので相談してみることが大切ですが、自分が強くなることも大切です。

 

1.いじめを受けている状況

いじめを受けている状況

 

なぜかわからないけど、いじめを受けるようになったという人は結構いるかもしれません。

 

実際に自分が相手になにか悪いことを考えてみる必要はありますが、いじめられていると感じている場合には何もしていないことが多いでしょう♪
ますたん

 

子どもの頃は容姿や正確に少し変わった個性があるだけで、いじめる人も多いです。

 

大人になれば学び減っていきますが、だからと言って大人まで待てというのは大変な話です。

 

2.いじめを我慢する必要はない

いじめを我慢する必要はない

 

ますたん
いじめは辛いので我慢する必要はないと言われても実際にはどのように我慢しないようにするのかわかりません♪

 

下手な真似をすればいじめが悪化してしまうことも有るので、大人も簡単には対処できないのです。

 

だからと言って誰もなにもしてくれないことはないでしょう♪
ますたん

 

学校などは社会的にみると思っているよりも小さい範囲の話です。

 

ますたん
学校が嫌なら無理に行く必要はありません♪

 

行かなかったからといって大人になってから問題になることも無いでしょう。

 

ただし、進学しなければなりたい職業になれないなどの理由がある場合には逃げずに立ち向かっていく必要があることもあります。

 

3.いじめられていることを親に言えない時の対処法【3選】

いじめられていることを親に言えない時の対処法【3選】

 

いじめられていることを親に言えない時の対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.学校の相談室

学校の相談室

 

先ずは、学校の相談室です

 

いじめに対する相談窓口は沢山ありますが、直ぐに対処してくれるわけでは無いかもしれません。

 

やはり一般的ないじめに対する対処など相談を受けて貰えても、状況が読めなくては改善に至らないからです♪
ますたん

 

その点学校の相談室は学校の状況が分かるので、より具体的に対処してくれるでしょう。

 

ますたん
相談室に通うことが出来る場合もあるので、相談してみると良いです♪

 

3-2.気持ちでキレる

気持ちでキレる

 

次に、気持ちでキレるです

 

いじめて反応で楽しんでいる輩もいます♪
ますたん

 

つまり反応しなければつまらなくなるかもしれません。

 

ますたん
その為には弱気ではダメであり、何で自分がいじめられなければいけないのかと気持ちでキレておきましょう♪

 

実際にキレると問題が大きくなることもあるので、気持ちの中でキレておくのがポイントです。

 

それでもダメであれば相談しやすい人に打ち明けてみると良いでしょう♪
ますたん

 

3-3.筋トレ・格闘技

筋トレ・格闘技

 

最後に、筋トレ・格闘技です

 

筋トレを行うと筋肉がついて体がでかくなります。

 

ますたん
実際に男性だと相手はそれで怯むことも考えられるでしょう♪

 

また、格闘技をすると実際に対面で強くなります。

 

だからとは言っても、暴力は傷害事件ですからダメです。

 

実際に強くなるときもちも強くなっていくのでありでしょう。

 

結論:できれば誰かに相談

 

いじめられていることを親に言えない時の対処法【3選】

・学校の相談室

・気持ちでキレる

・筋トレ・格闘技

 

やはり自分だけではどうにもならないことが多いのがいじめです。

 

相談できる人がいれば相談するのが良いですが、どうしても相談したくない場合には別の対処法が必要でしょう♪
ますたん

 

自分が強くなっていくとともにそれでも嫌なら逃げれば良いです。

 

ますたん
時には逃げるが勝ちになることもあります♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog