(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

意外と知らない!?日商簿記検定の特徴【3選】

 

 

日商簿記検定は簿記検定の中でも難易度が高いかもしれません。

 

ますたん
知名度が高く簿記検定と一般的に言えばこの日商簿記検定を指していることが多いです♪

 

試験に挑もうと思う場合には、特徴を知っていると有利になるかもしれません。

 

結論

結論から言えば、形式は過去問同様の出題ですが、実質的に様々な問題が出題されます。

 

1.簿記は試験が大切

簿記は試験が大切

 

前提として簿記は試験がとても大切ということです。

 

なぜなら、簿記の資格は誰でも耳にしたことがある位有名な資格と言えるでしょう♪
ますたん

 

その人が簿記を理解しているのかを一定程度保証できるのが簿記資格です。

 

ますたん
取得している人も多いので、就職する際などには資格取得者が優先されるでしょう♪

 

勉強するからには資格の取得を目指していく必要があるのです。

 

2.他の簿記検定

他の簿記検定

 

他の簿記検定に、全商や全経があります。

 

全商簿記検定は、似たような出題が多く見られるので、繰り返しといていると体が覚えてくれるでしょう♪
ますたん

 

全経簿記検定は、上級において理論色が強くなってくるのが特徴と言えます。

 

向き不向きはありますが、同じ程度の級であれば基本的には日商簿記が1番難しいかもしれません。

 

3.意外と知らない!?日商簿記検定の特徴【3選】

意外と知らない!?日商簿記検定の特徴【3選】

 

意外と知らない!?日商簿記検定の特徴【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.狭くて細い

狭くて細い

 

先ずは、狭くて細かいです

 

大体の試験がまんべんなく出題されて、どんな問題でもある程度点数が取れるようになっています。

 

ますたん
一方で日商簿記検定の場合には、比較的細かく出題されることも多いです♪

 

つまり、その分野を得意にしていないと解けないかもしれません。

 

「今回は運が悪かった」と考えざるを得ないことも正直あります♪
ますたん

 

3-2.あまり理論は出題されない

あまり理論は出題されない

 

次に、あまり理論は出題されないです

 

日商簿記1級において、商業簿記会計学のみならず工業簿記原価計算でも理論の出題はあります。

 

ますたん
基本的な問題が多く、計算を行うときに使う判断基準や会計処理方法などが出題されるでしょう♪

 

理論を勉強したことのある方からしてみると、そこまで難しくは感じないと思います。

 

逆に難しく感じる出題であれば、他の人もわからない可能性が高く差がつかないので、飛ばしてしまうのが賢明です。

 

3-3.形式は限られている

形式は限られている

 

最後に、形式は限られているです

 

出題内容が様々であり、勉強はしづらいかもしれません♪
ますたん

 

ですが、「貸借対照表」や「損益計算書」、「キャッシュフロー計算書」など出題の大きなくくりは、繰り返し出題されてきます。

 

ますたん
内容として細かく見てみると、種類は沢山ありますが、最終的にどのように表示されるのかを重視すると良いでしょう♪

 

連結や個別など種類が増えると分からなくなってきてしまいますが、似ている形式で出題されていることも押さえておくと有利かもしれません。

 

結論:形式から実質へ

 

意外と知らない!?日商簿記検定の特徴【3選】

・狭くて細い

・あまり理論は出題されない

・形式は限られている

 

形式的にどのように主題されるのか押さえていくべきです♪
ますたん

 

そこから技術的な細かい出題を見ていく必要があります。

 

ますたん
実質を重視しすぎてしまうと、体系的な勉強ができなくなってしまうこともあるので注意です♪

 

では今回以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog