Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

公認会計士試験の簿記とは!?おすすめ勉強法【3選】

 

 

公認会計士試験では簿記の知識が必須です。

 

ますたん
では具体的にどのような勉強が必要なのでしょうか?

 

公認会計士試験で必要な簿記の知識と、勉強法について解説していきます。

 

結論

結論から言えば、会計処理や表示方法だけでなく、その理由について説明できる必要があるでしょう。

 

1.公認会計士試験の簿記とは

公認会計士試験の簿記とは

 

公認会計士試験では財務会計や管理会計が出題されます。

 

これらの知識は簿記試験などでも出題がされる知識です♪
ますたん

 

公認会計士試験ではより高度な簿記が出題されると言っても過言ではありません。

 

ますたん
では高度な簿記とはどのようなものなのでしょうか?

 

感覚的にどのような内容が出題されるのかを押さえておくことが大切です。

 

2.高度な簿記

高度な簿記

 

高度な簿記といっても、高度とは何なのかが分かりません。

 

実際には、範囲が広く詳細な内容と考えれば間違いないでしょう♪
ますたん

 

難しいとは考えをやめている状況の可能性もあります。

 

ややこしいと考えて挑戦する姿勢が大切です。

 

3.公認会計士試験の簿記とは!?おすすめ勉強法【3選】

公認会計士試験の簿記とは!?おすすめ勉強法【3選】

 

公認会計士試験の簿記とは!?おすすめ勉強法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.思い出す

思い出す

 

先ずは、思い出すです

 

あくまでも勉強の内容が頭に入っていなければアウトプットはできません。

 

ますたん
どのような内容ではあったのか、何も持たず頭で考えてみましょう♪

 

すぐにどのような論点であったのか思い出せる場合には、しっかり覚えられています。

 

公認会計士の簿記は量が多いので、定期的に思い出すと良いでしょう♪
ますたん

 

3-2.過去問を高回転

過去問を高回転

 

次に、過去問を高回転です

 

過去問は実際に過去に出題された問題であり最重要とも言えます。

 

全く同じ問題はあまり出題されませんが、重要だと思われるところが出題されているのです。

 

つまり、内容を変えて再度出題される可能性はあります。

 

ますたん
回転数を上げなければ覚えたところも忘れてしまいます♪

 

分からないところは次々飛ばして高回転で回していくのが良いでしょう。

 

3-3.論点別

論点別

 

最後に、論点別です

 

簿記では論点を重要視します。

 

様々な論点を勉強していると、頭が混乱してしまいがちです♪
ますたん

 

横断的に論点を勉強した後、似ている部分はしっかり区別していきましょう。

 

問題を見た際にしっかり頭がその論点に切り替わる頭を作っていく必要があります。

 

結論:難しくはない

 

公認会計士試験の簿記とは!?おすすめ勉強法【3選】

・思い出す

・過去問を高回転

・論点別

 

しっかり勉強していれば難しくはありません。

 

ますたん
ただし、範囲が広く内容も細かいので覚えることがたくさんあります♪

 

いかに知識を定着させて多くの論点を頭に入れていけるかが勝負です。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog