(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記試験で時間が足りない時の対処法【3選】

 

 

簿記試験では時間が足りないことも多くあります。

 

ますたん
ですがこれはあなただけではありません♪

 

上位級になれば、時間が足りないことは普通なのです。

 

結論

結論から言えば、時間が足りない事実を受け止め効率的に解ける方法を模索していく必要があります。

 

1.簿記試験は時間が足りない

簿記試験は時間が足りない

 

日商簿記で言えば1級からは満点を取るのは、非常に難しいです♪
ますたん

 

公認会計士試験や税理士試験ともなれば、不可能レベルに近いと言えます。

 

ますたん
ただし、その事実を知らないと試験で焦ってしまうでしょう♪

 

試験は合格すれば良く、満点を取る必要はないのです。

 

2.時間はみんな足りていない

時間はみんな足りていない

 

試験を受けている時に、時間が足りなくなってしまうと焦ってしまうでしょう♪
ますたん

 

焦りにより普段解ける問題を解けなくなってしまうことも多々あります。

 

ただ、その問題が解けないだけで他の問題が解けたら合格できるかもしれません。

 

難しい試験ほど即座に難しいと判断して切り捨てられる、判断力が問われていることもあるのです。

 

3.簿記試験で時間が足りない時の対処法【3選】

簿記試験で時間が足りない時の対処法【3選】

 

簿記試験で時間が足りない時の対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.解く問題を決める

解く問題を決める

 

先ずは、解く問題を決めるです

 

ますたん
問題を全て見渡す時間を取りましょう♪

 

時間が足りなくなる人の多くは始めからすぐに手をつける人である可能性が高いです。

 

なぜなら、結局解く時間は同じであり、すぐ手をつけたほうが有利だと考えるからでしょう♪
ますたん

 

ですが、初めの方に難しい問題が固まっていた場合、手をつけない人の方が有利なのです。

 

 

3-2.分からない時は飛ばす

分からない時は飛ばす

 

次に、分からない時は飛ばすです

 

なかなか解く問題なのかを判断するのが難しい問題もあります。

 

ますたん
手をつけてみてしばらく考え、分からなければすぐに飛ばしましょう♪

 

絶対に解いていけないわけではありません。

 

ただ、後回しにすることで点数が高くなる可能性が高いです。

 

3-3.確実性を極める

確実性を極める

 

最後に、確実性を極めるです

 

極端な事を言えば、難しいところはとく必要はありません♪
ますたん

 

下手すれば作問者も解けると思って作っていないかもしれないのです。

 

ますたん
では何が重要なのかといえば、簡単な問題を確実に取る力でしょう♪

 

確実性を極めていくことが、何より大切になってくるのです。

 

結論:解かなければいけない問題を明確に

 

簿記試験で時間が足りない時の対処法【3選】

・解く問題を決める

・分からない時は飛ばす

・確実性を極める

 

どの問題が自分が解ける問題なのが、日頃から分かるようにしておきましょう♪
ますたん

 

これができるようになるだけで問題の取捨選択が可能となり、時間が余るようになるかもしれません。

 

ますたん
ほとんどの人が時間が足りなくなると考えて、焦ることなく試験に挑みましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog