Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記が嫌いになった時の対処法【3選】

 

 

ますたん
簿記の勉強は基本的に楽しいですが長期的に行っていると嫌になってしまいます♪

 

そんな時に嫌な気持ちをこらえて勉強をするのではあまり頭に入ってきません。

 

結論

結論から言えば、復習して頭をリフレッシュすることも大切と言えるのです。

 

1.簿記が嫌いになる状況とは

簿記が嫌いになる状況とは

 

簿記が嫌いになってしまう状況は多様にあります。

 

例えば以下の状況です

・最初から嫌いだった

・勉強しすぎて嫌いになった

・分からないところが出てきて嫌いになった

 

人によって嫌いになってしまう理由は様々ですが、一度嫌いになると苦手意識が出てきてしまうのは人間です。

 

いかに嫌いにならずに勉強をしていくかが大切ですが避けられないことは確かと言えます♪
ますたん

 

2.嫌いになってしまうと

嫌いになってしまうと

 

簿記の勉強が嫌いになってしまうと非効率的な勉強になってしまいます。

 

ますたん
勉強しないといけないとわかっていて無理に勉強をすることになるのです♪

 

勉強を行っている場合には楽しくないので頭に入ってこないことが多いといえます。

 

楽しみながらどのように勉強を継続していけるのかについて真剣に考える必要があるのです。

 

3.簿記が嫌いになった時の対処法【3選】

簿記が嫌いになった時の対処法【3選】

 

簿記が嫌いになった時の対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.得意な論点を繰り返す

得意な論点を繰り返す

 

先ずは、得意な論点を繰り返すです

 

人によって論点別に嫌いな論点と好きな論点があります。

 

自分の中で嫌いな論点ばかりやっていると、勉強が嫌いになってしまうのです♪
ますたん

 

確かに嫌いな論点について向き合っていくことは成長をさせてくれます。

 

ですが、頑張れば頑張るだけ休憩を多く取らなければなりません。

 

得意な論点でも出題パターンは多様にあり、勉強をしなければ良かったということにはならないのです。

 

ますたん
得意な論点を極めていく意識も必要と言え、得意な論点なら楽しく学習を進めていけます♪

 

3-2.教科書を見返す

教科書を見返す

 

次に、教科書を見返すです

 

教科書の内容はほぼ完璧にしてしまうと良いでしょう♪
ますたん

 

分からないところがない状態にしてしまった教科書は自分の心を安定させます。

 

ますたん
もし問題を解いていて疲れてしまった場合、普遍的な教科書を読み精神を安定させましょう♪

 

精神を安定させて行けば勉強が楽しめると言えるのです。

 

3-3.今まで解いてきた問題を解く

今まで解いてきた問題を解く

 

最後に、今まで解いてきた問題を解くです

 

新しい問題にチャレンジしようと考える方が多いといえます。

 

ですがある程度解いてくると、1度解いた問題を忘れがちです。

 

そんな時には新しい問題に手をつけるのではなく今まで解いてきた問題を解いてみましょう♪
ますたん

 

思い出す作業なので新しい問題を解くよりも理解が早く簡単に感じます。

 

ますたん
ですが新しい問題を解く場合と点数が変わらないので、精神的に負担をかけずに点数を重ねることができるのです♪

 

結論:広げれば良いわけではない

 

簿記が嫌いになった時の対処法【3選】

・得意な論点を繰り返す

・教科書を見返す

・今まで解いてきた問題を解く

 

もちろん様々なことを理解できている方は素晴らしいです。

 

ですが、それは今まで勉強を行った数ではなく、今解けるかどうかが大切と言えます♪
ますたん

 

今まで勉強を行った数が多ければ普遍的な知識はつきますが、細かい論点に関しては広げすぎてもよくありません。

 

ますたん
精神的に疲れて簿記が嫌いになった場合には、広げるよりも振り返りましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog