Think(考える)

【資格】高難度試験共通の性質から考える対策【3選】

 

高難度の試験と言われるものは、勉強をどのようにしたら良いかも難しいですよね♪

 

そんな時に、道が無いと迷走してしまいがちになります。

 

結論から言えば、高難度の試験に共通の性質から考えていくことが大切で、そこが分かっているかいないかで大きな違いを後に及ぼしていきます。

 

そこで今回は以下のことについてご紹介していきます。

 

1.高難度試験とは

高難度試験とは

 

高難度の試験と言っても色々あります。

 

例えば、以下のようなことです

・合格率の少ない資格試験

・合格数の少ない大学受験

・平均点の少ない学期末試験

 

このような試験は基本的に勉強したから絶対に良い結果が出るとは言い難い側面があります

 

その為、性質を把握しておく必要が有るのです。

 

2.高難度試験に共通の性質とは

高難度試験に共通の性質とは

 

なぜ難しいと言われるのかを考えてみれば分かります♪

 

基本的には勉強した内容がそのまま出題されず、捻ってある問題が出題されます。

 

また、山を張ったところが出題されて合格する人も居ればそれで落ちる人も居ます。

 

そして何より、勉強をしている時間も試験時間も長い時間かかるということです。

 

高難度と言われる試験にはこのような共通する普遍的な性質があるのです♪

 

3.共通の性質から考える対策【3選】

共通の性質から考える対策【3選】

 

共通の性質から考える対策【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.出題数に対する勉強量が多い

出題数に対する勉強量が多い

 

先ずは、出題数に対する勉強量が多いことです

 

出題される内容が様々なことから必然的に勉強量が多くなります。

 

ですが、全て覚えているから出来るわけでも全て覚えていないから出来ないないわけでもありません♪

 

故に効率の良い勉強を常に模索する必要があります。

 

その為には、出題されやすい問題から勉強することが言えます

・資格では過去問を常に意識します

・期末試験なら先生にどのような内容が出題されるか聞きに行きましょう

 

期末試験に関しては、聞きに行くか行かないかで全く違う勉強量になるので絶対に聞きに行ってください。

 

3-2.運に左右される

運に左右される

 

次に、運に左右されることです

 

やはり勉強量が多くなったり捻った問題であると、勉強した人が解けるという問題でない場合も多いです♪

 

ですから、運のせいにしてしまいがちになります。

 

ですが、とりあえずの目標が資格や目の前の学期末試験であるだけで、その試験勉強は将来役立つからやっているものです。

 

目の前の試験の為にやることは勿論大切ですが、そもそも勉強をする意味を忘れないようにしましょう。

 

根本的に勿論運が関係しますが、運のせいにすると勉強が大雑把になりちです

 

前の自分を超えて、人事は尽くすように考えていく必要がります。

 

3-3.勉強時間や試験時間が長い

勉強時間や試験時間が長い

 

最後に、勉強時間や試験時間が長いことです

 

勉強時間や試験時間が長い場合、体力が関係してきます。

 

ですから、普段から運動を行い、体力を付けておく必要があります♪

 

当日は、家で勉強を行うのではなく試験する場所に向かうわけです。

 

それだけでも体力を使いますので、そのような考えも持っておく必要があるでしょう。

 

何か月前から準備を行っている方はやはり強いので、真似していく必要があります。

 

まとめ

 

高難度試験共通の性質から考える対策【3選】

・出題される問題を常に意識

・運ではなく前の自分を超える

・体力をつける

 

このような対策を考えながら勉強を続けていると、高難度試験の勉強をするにあたっての心意気が変わってきます♪

 

長期間にわたる勉強においては、モチベーションもとても大切です。

 

いかに保っていけるかを考えながら勉強を続けていきましょう

 

良い結果を出せることを祈っています。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

 

 

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog