Think(考える)

ストレスを溜めないためにするべき習慣【3選】

 

ますたん
みなさんはストレス溜まっていませんか?

 

現代社会においてストレスと私たちは切っても切れないものとなっています。

 

結論から言えば、効率を重視するあまりストレスを溜めて病気になってしまう前に、効率の検討の中にストレスの発散を入れていくことが重要なのです。

 

そこで今回は以下のことについてご紹介していきます

 

1.ストレスとは

ストレスとは

 

ますたん
ストレスとは、外からの刺激で歪みが生じることです♪

 

ですから、これを人に置き換えると一定の原因により、体や心に歪みが生じることです。

 

正確には良い歪みも悪い歪みもストレスとされますが、悪いものを一般にストレスと呼んでいることが多いです。

 

一定の原因には以下のようなものがあります

・人間関係

・騒音、悪臭

・予想していない事態

 

2.ストレスはなぜ溜めないほうが良いのか

ストレスはなぜ溜めないほうが良いのか

 

悪いストレスは、溜めてしまうと病気になってしまうのです。

 

それ以前にも以下のようなことが表れます

・暴飲、暴食

・衝動買い

 

自分にとって後に後悔するようなことを、平気で行動してしまうのです。

 

ますたん
この状態は、精神的にみて普通の状態ではありませんので、これを見逃さないようにしましょう♪

 

そして、この状態になる前にストレスを溜めない習慣を行っていく必要があるのです。

 

3.ストレスを溜めないための習慣【3選】

ストレスを溜めないための習慣【3選】

 

ストレスを溜めないための習慣【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.自分の時間をつくる

自分の時間をつくる

 

先ずは、自分の時間をつくることです

 

効率を重視する方は休むことを恐れます。

 

ますたん
なぜなら、普段1分の効率を考えているのに何時間も休んでいては意味なく感じてしまうからです♪

 

ですが、自分の時間を持たなくては、ストレスを溜めっぱなしになってしまいます。

 

ですから、自分の時間を持ち以下のようなことをしましょう

・筋トレ、ストレッチ、瞑想

・釣り、ゴルフ、ボーリング

・読書、映画・音楽鑑賞

 

なにより、自分の好きなことをすることが大切です。

 

3-2.シンプルにする

シンプルにする

 

次に、シンプルにすることです

 

日常生活は覚えれば覚えるほど複雑になりがちです。

 

ますたん
ですから、モノと同じで新しいモノが入ってきたら捨てていきましょう♪

 

そして、捨てる際には物事の普遍的な部分を捉えておくことが大切なのです。

 

二度と忘れない重要なことだけを頭の中にコレクションして知恵として、いつでも使えるような状態を保ちましょう。

 

3-3.別のストレスを加える

別のストレスを加える

 

最後に、別のストレスを加えることです

 

ますたん
ひとつのことを集中して行っているとストレスになることもあります♪

 

ですから、予想しないような悪い変化は体に悪いです。

 

ますたん
ですが、ストレス発散になるような意図的な変化は、良いストレスになることもあります♪

 

例えば、以下のような変化です

・算数に疲れた→国語をやる

・事務作業に疲れた→外回りに行く

 

このように、計画を組んで行うことでストレスを溜めないように、別のストレスを与えていくことでストレスを分散させるイメージです。

 

まとめ

 

ストレスを溜めないための習慣【3選】

・自分の時間をつくる

・シンプルにする

・別のストレスを加える

 

このように、ストレスを切り離せない以上、上手く付き合っていくしかありません。

 

そして、ストレスを溜めない習慣を身につけて、溜まったストレスは発散することが重要なのです。

 

ストレスを溜めると悪循環に陥ります。

 

ますたん
悪循環に陥る前に、事前に対処していきましょう♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog