Think(考える)

話しを聞く技術を磨くべき【理由と方法3選】

 

自分の意見を時にはっきり言うことは大切なことです♪


ですが、基本的には聴くほうが重要なのです。

 

結論から言えば、話しを聴く技術を磨き気持ちよく話してもらうことで、様々なメリットを享受できるのです。

 

そこで今回は、以下のことをご紹介していきます。

 

1.話しを聴く技術とは

話しを聴く技術とは

 

話しは何も考えなければ、以下のどちらかではないでしょうか

・自分の話しをする
・相手の話していることを聴く

 

人は話しをすることが実際は好きな方が多いです♪

 

ですから、普段静かな方程話しがしたくて仕方ない場合も結構あります。

 

そのようなことを想定していかに気持ちよく相手に話して貰えるかを考えることを言います。

 

うまく話しをするための技術はこちらを参考にしてみてください。

 

2.話しを聴く技術を磨くべき理由

話しを聴く技術を磨くべき理由

相手に気持ちよく話してもらうためには、ある程度の技術が必要です。

 

自分の話しをしているだけでは勿論いけません。

 

さらに、ただ聴いているだけでも相手は無視されているような感覚になってしまうでしょう

 

ですから、このようなことは『技術を磨く』と捉えて考えていくと改善されていくのです。

 

そうすることで、あの人に会うと話しを聞いて貰えると思ってもらえて良好な関係が築いていけます。

 

3.話しを聞く技術を磨くべき方法【3選】

話しを聞く技術を磨くべき方法【3選】

 

話を聴く技術を磨くべき方法【3選】は以下の通りです。

 

3-1.話しを引き出す

話しを引き出す

 

先ずは、話しを引き出すことです

 

ただ聴いているだけではなく、相手の話しをよく聴き、気になったことは質問してみましょう♪

 

そうすることで、相手によく聴いていることが伝わります。

 

さらに、より細かく話したいことが思い出せるようになります。

 

あの時話し忘れたなと思うことも防げるのです。

 

3-2.適度な相槌

適度な相槌

 

次に、適度に相槌を打ちましょう

 

(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウンウンウン

 

無理に頷くと勿論不自然です。

ですから、無理に行わなくて良いので自然に頷きましょう♪

 

そうすることで、共感していることが相手に伝わります。

 

アクション無しで聴くと相手に不安感を与えてしまうかもしれないので注意です。

 

3-3.自分の体験を話す

自分の体験を話す

 

最後に、自分の体験を話しましょう

 

ずっと聴いていれば良いわけでもありません♪

 

話しが切れたら自分の体験などを交えて少し話してみても良いでしょう。

 

その後に話しが広がっていくかもしれないので、少し話してみましょう。

 

まとめ

 

話しを聴く技術を磨く方法【3選】

・話しを聞き出す

・適度に頷く

・自分の体験を話す

 

このように、話しを聴くことの重要な理由と方法が分かって頂けたかと思います♪

 

ですが、実際にこのようなことを常に意識していること事態が不自然になります。

 

ですから、最初は考えて話していてもいずれはなにも考えなくても出来るようになることが大切です。

 

自分のものとして考えないようになるよう、自分に『技術』とする必要があるのです。

 

では、今回は以上です。

ご視聴ありがとうございました(^-^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog