Think(考える)

【完全版】結果と過程どっちが大切なのかについての考察【3選】

 

 

ますたん
結果と過程はどちらが大切だと思いますか?

 

人により意見は様々ではないでしょうか。

 

結論

結論から言えば、実際にはどちらにもメリットデメリットがありますが、少なからず結果を残す思考でいなければ結果を残すのは難しいということです。

 

1.結果と過程とは

結果と過程とは

 

目標に向かって努力をする際において、目標達成を結果、その結果を出すまでの努力を過程とよく言われます

 

その際において、結果をだすことが大切なのか、過程が大切なのかと議論されることがあるのです。

 

目標があるのだからどんな手段を使っても達成しなければいけないという考えが、結果主義者です。

 

これに対して、結果はおまけでその過程で努力をしたことに意味があるというのが過程主義者と言えるでしょう。

 

ますたん
基本的にはこの2極端では無く、その間にいる人が殆どです♪

 

2.結果を出すことの大切さ

結果を出すことの大切さ

 

ますたん
いずれにしても結果を追い求める必要はあります♪

 

これは、目標があるのに達成しなくても良いと言う思考では、経験を積めません。

 

ですから、どちらのメリットも享受できずに、ただ無駄な時間を過ごしてしまいます

 

結果を出す段階において悩み、そこからくる倫理観や人の助け合う精神が、その人の財産であるというのが過程主義者です。

 

努力をしなくても良いという意味ではないので注意が必要です。

 

3.結果と過程どっちが大切なのかについての考察【3選】

結果と過程どっちが大切なのかについての考察【3選】

 

結果と過程どっちが大切なのかについての考察【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.結果と過程の明確な区別

結果と過程の明確な区別

 

先ずは、結果と過程の明確な区別です

 

結果と過程はひとつの目標に対して考えれば、明確です。

 

ますたん
ですが、実際には大きな目標達成のうちの小さな目標の一つと言えるでしょう♪

 

ですから、視野を広げてみれば小さな目標は大きな目標の過程とも言えるのです。

 

そういった意味では、両者の明確な区別と言うのは、人を主体に考えるのか、結果を主体に考えるのかにあるかもしれません。

 

3-2.結果は相対的幸福

結果は相対的幸福

 

次に、結果は相対的幸福です

 

ますたん
結果を主体的に考え、結果を残せるようになったとします♪

 

そうすると、財産や地位、名誉を得ることが出来るかもしれません。

 

ですから、単純に人より多くのものを得ることが出来るでしょう

 

さらに、そこから創造的な結果を残していけるかもしれません。

 

つまり、スマホなどの思いもつかない商品の開発が出来るかもしれないのです。

 

3-3.過程は絶対的幸福

過程は絶対的幸福

 

最後に、過程は絶対的幸福です

 

ますたん
目標達成における過程で苦しんでくると何が良いのか分かりますか?

 

「なぜ?」という感覚が身に付き感性が磨かれていくのです。

 

さらに、合理的にはいかないこともあることを知り、矛盾を受け入れられたり、寛容になります。

 

寛容性と忍耐力を持った人間は最強と言えるでしょう。

 

結果を出す前提での苦労は必ず無駄にならない

 

結果と過程どっちが大切なのかについての考察【3選】

・結果と過程の明確な区別

・結果は相対的幸福

・過程は絶対的幸福

 

ますたん
このように、結果を出すことが大切ですが、それだけではいけないとも言えます♪

 

結果を出そうと思えば思うほど、健康や人を犠牲にしてしまうからです。

 

ますたん
正直それで結果を出せたとしても凄いとは言えないでしょう♪

 

また、そのような人は感性が磨かれず、話せばすぐにばれてしまいます。

 

ですから、両者を大切に考えられるように、自分の限界のチャレンジを続けていきましょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)

© 2022 masutannblog