(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記論で必要な解き方のコツ【3選】

 

 

簿記論は、簿記試験の中でも難易度が高いです。

 

ますたん
解き方がわからず悩んでしまう方も多いでしょう♪

 

ですが、どれだけ難しい試験でもやることは変わりません。

 

結論

結論から言えば、基礎を大切に点数を積み上げていくことが大切です。

 

1.簿記論の問題レベル

簿記論の問題レベル

 

簿記論は簿記試験の中で、1、2番目に難しいと言われることがあります。

 

確かにあまり見ない問題が出題される可能性も考えられる試験です♪
ますたん

 

ですが、難易度の高い部分を解かなければいけないとも限りません。

 

ますたん
難易度が高い試験には、それ相応の対処法があるのです♪

 

2.難しいが故に

難しいが故に

 

難しい試験の場合、大抵の人は解けないことが予想されます。

 

では、どのように合否が決まるのでしょうか♪
ますたん

 

あくまでも点数を取っている人が合格します。

 

この『点数』という概念を大切にする必要があるのです。

 

3.簿記論で必要な解き方のコツ【3選】

簿記論で必要な解き方のコツ【3選】

 

簿記論で必要な解き方のコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.簡単なところから

簡単なところから

 

先ずは、簡単なところからです

 

難しい問題がたくさんあると、面食らってしまう可能性も大いにあります。

 

ますたん
あくまでも冷静になり簡単に解ける内容を探しましょう♪

 

もしわからない問題に手をつけてしまった場合には、諦めて次の問題に進むべきです。

 

状況に応じて点数を少しでも多く取るためにはどのような行動をとるべきなのか考えていきましょう。

 

3-2.一撃必殺

一撃必殺

 

次に、一撃必殺です

 

財務諸表に表示される金額として、一撃で求められる内容を探りましょう♪
ますたん

 

例えば、その他有価証券の場合、再振替仕訳や税効果など考える要素が多く感じてしまいます。

 

ますたん
ですが、その他有価証券はあくまでも時価評価です♪

 

強制評価減や実価法の適用がなければ、時価をそのまま集計されるだけで答えが出てしまいます。

 

外貨でも、基本的には時価×決算日レートで求められるので簡単です。

 

このように少ない時間でも一撃で答えを出せるような内容を知っておきましょう。

 

3-3.関連性を把握

関連性を把握

 

最後に、関連性を把握です

 

簡単な問題を先に解くことを前提とするためには、関連性を把握しておかなければなりません。

 

当期純利益は収益と費用の差額で求められるので、容易には出ないでしょう♪
ますたん

 

また、繰越利益剰余金に資本振替を行うので、こちらも同様です。

 

債権の金額を前提に計上される貸倒引当金は、商品売買が終わらなければ求められません。

 

簡単な問題から解いていくためには、勘定科目同士性質の関連性を把握しておく必要があるのです。

 

結論:基礎を確実に取る

 

簿記論で必要な解き方のコツ【3選】

・簡単なところから

・一撃必殺

・関連性を把握

 

何がどう転んでも基礎が大切なのはどの試験でも同様かもしれません。

 

ますたん
簿記論 のように難しい試験においてはこれが尚更表に出てきます♪

 

点数を取れれば受かりますが、点数を疎かにしがちです。

 

日頃から点数を取る特訓を積んでいきましょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog