(Management Accounting) 管理会計

【管理会計】計算問題の勉強法【3選】

 

 

管理会計では理論は重要です。

 

ますたん
ですが、やはり定量的に考えていくためにも計算問題は必要と言えます♪

 

特殊な論点が多いのでしっかり対策をしておく必要があるでしょう。

 

結論

結論から言えば、財務会計よりも理論と紐づけて覚えておくことが大切です。

 

1.管理会計の計算問題

管理会計の計算問題

 

管理会計の計算問題は財務会計よりも理論と紐付け手伝いされることが多いです。

 

これは、管理会計の目的が内部の経営管理者に対して報告するために行われるためと言えます♪
ますたん

 

正確に意思決定ができるかを問われることが通常です。

 

ますたん
計算を行った結果どのような意思決定をする必要があるのかが問われてくるでしょう♪

 

2.勉強法を誤ると

勉強法を誤ると

 

勉強方法を誤ってしまうと、計算問題が解けるだけないし、理論だけが頭に残っていきます。

 

これがいけないわけではありませんが惜しい勉強法です♪
ますたん

 

理論と計算を紐付けながら勉強を行っていく必要があります。

 

ますたん
定性的定量的どちらかに偏る勉強法は避けていくことが大切です♪

 

3.管理会計計算問題の勉強法【3選】

管理会計計算問題の勉強法【3選】

 

管理会計計算問題の勉強法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.原価計算は体系的

原価計算は体系的

 

先ずは、原価計算は体系的です

 

王道の勉強法ですが原価計算は体系的に行っていく必要があります。

 

あくまでも最終的には完成品を販売して、売上原価に計上していくのです。

 

つまり、仕訳を行い帳簿に転記していきます。

 

この流れを覚えていくのが大切です♪
ますたん

 

3-2.差異は図で把握

差異は図で把握

 

次に、差異は図で把握です

 

ますたん
差異の計算はどれも図で把握できます♪

 

図で考えられれば忘れてしまったとしても解けるかもしれません。

 

日頃から頭で覚えていくと良いでしょう♪
ますたん

 

予算統制の販売価格の差異などはマイナスなのかプラスなのか混乱してしまいがちなので要注意です。

 

3-3.紛らわしい

紛らわしい

 

最後に、紛らわしいです

 

基礎的な部分は当然覚えるとして、最終的には紛らわしい部分を暗記していく必要があります。

 

基礎+紛らわしい部分を把握できていれば、さらなる応用が出題された際に対応できるかもしれません。

 

分からない部分が一つであれば考えていけるかもしれないですが、複数存在する場合混乱してしまいがちです。

 

ますたん
よく出題される紛らわしい部分は事前に把握しておくと有利でしょう♪

 

結論:理由を把握しながら計算

 

管理会計計算問題の勉強法【3選】

・原価計算は体系的

・差異は図で把握

・紛らわしい

 

管理会計は定性的部分も大切です。

 

なぜなら、短期的な利益が有利だとしても長期的に不利な場合があるからと言えます♪
ますたん

 

最終的には人の考えが大切であり、臨機応変に対応していくためにも理由と共に計算問題を押さえていく必要があるのです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Management Accounting) 管理会計
-, ,

© 2022 masutannblog