Think(考える)

「考え方の違い」とは何か【解消法】

考え方の違いとは何か

 

「考え方の違い」とは生活していてなにか決定する際等に意見が合わなかったりしますよね。

 

その判断する過程で人によって感じ方が異なるために徐々に考えが相違してくる状況だと思います。

 

ざっくり分けると根本的な考え方の違いと偶発的な考え方の違いがあると思います。

 

根本的な考え方の違いはそもそもの考え方が違うことです。

 

偶発的な考え方の違いは根本的な考え方は同じだけどその時の考えが違った場合です。

 

※考えが同じなのに相手に正しく伝わっていない場合もあるので注意が必要です。

 

考え方の違いにより起こる問題

 

喧嘩して仲直りする程度なら良いです。

 

ただ、疎遠になってしまったり大きな判断ミスになってしまうこともあります。

 

その場合に考え方の違いを放置する訳にはいかないですよね。

 

他人なら、関わらなければ良いだけですが会社や学校の人身内なら尚更その違いを解消しなければいけないです。

 

なぜ考え方が違うのか

 

大人になってからの考え方はある程度こどもの頃に形成された考え方を基盤として考えられるので詳細な部分だと思います。

 

ですので、大人になってから形成された考え方によって大きく異なることは考え難いです。

 

生まれる場所は選べません。

 

そもそもの考え方は子どもの頃から大人に至るまでの生活環境で大きく異なります。

 

家庭によって経済状態も違いますから金銭感覚等含め環境によって異なってくるでしょう。

 

もっと言えば文化的地域的に周りの生活環境が違うので考え方が異なります。

 

解消法

 

1.相手の考えも尊重する

 

自分の考えが絶対に正しいとは言えない場合が多いです。

 

ですので、相手の考えも尊重することが大切です。

 

すると、感情的にならず言い方が優しくなると思います。

 

大体の方はそんな貴方を見て考えが違っても自分の考えも理解してくれていることに悪く感じないと思います。

 

2.固定概念を持たない

 

固定概念があると話にならず感情的になってしまいます。

 

良いイメージがないものという考えは恐らく正しいです。

 

ですが、考え方が違うことを解消したい際には邪魔になることが多いです。

 

絶対というのはないので一度その固定概念を無くしてみましょう。

 

ですが、その固定概念も自分が学んできたことです。

 

完全に持たないようにするのではなく、あくまでも感情的にならないように一度なくすという感覚です。

 

3.自分の考えを疑う

 

自分が瞬間的に間違った考えをしている場合もあります。

 

「絶対に間違ってない。」と思うのではなく自分の考えも疑って見ましょう。

 

まとめ

 

このように、「考え方の違い」と言ってもたまたま起きたものなのかそもそものお話なのかの違いがあります。

 

話し合える機会がもてるかどうかによっても大きく違いますが、自分の考えは改めることができます。

 

是非、考えてみてください。

 

今回は、以上です♪

ご視聴ありがとうございました(*^^*)

 

解消法

・ 相手の考えも尊重する

・固定概念を持たない

・自分の考えを疑う

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog