(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

【取捨選択】簿記試験に合格するために捨てるべきこと【3選】

 

 

ますたん
簿記試験合格には知識の獲得が勿論必要不可欠です♪

 

ですが、勉強を覚えることにも限界はあります。

 

結論

結論から言えば、一定の勉強をしている方は逆に知識を捨てることの方が大切です。この機会にどのようなことを捨てても大切なのか覚えておきましょう。

 

1.簿記試験に合格するためには

簿記試験に合格するためには

 

簿記試験合格には、日々簿記を勉強していくことが大切です。

 

例えば、このようなことです

・理論

・帳簿記入

・財務諸表作成

 

これらの勉強を行い現実に点数を獲得する必要があります。

 

ますたん
ですから、前提として点数に結び付かないことは出来る限り避ける必要があるのです♪

 

2.知識獲得よりも捨てることが大切

知識獲得よりも捨てることが大切

 

簿記は、すべてを丸暗記していくこと自体は、上の級になればなるだけ現実的ではありません。

 

ますたん
なぜなら、勘定科目が変わったり、記帳方法が変わったりすることは多々あるからです♪

 

ですから、点数に結び付かないところは、捨てる勇気が大切なのです。

 

あまりお勧めはしませんが、短期合格をしている方の中には、やまを張ってそこしか勉強をしないという方も結構いました

 

このように、捨てることが結果オーライという形になることもあるのです。

 

ですが、ここでのお話はもっと堅実な捨て方なので安心してください。

 

3.簿記試験に合格するために捨てるべきこと【3選】

簿記試験に合格するために捨てるべきこと【3選】

 

簿記試験に合格するために捨てるべきこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.当期純利益(当期純損失)

当期純利益(当期純損失)

 

先ずは、当期純利益(当期純損失)

 

当期純利益を求めるためには、収益・費用が間違いなく会計処理できなければいけません。

 

その上で、収益と費用を間違いなく計算していなければ正しい数値にはならないのです。

 

ますたん
の割に、点数が高くないことが多いのです♪

 

ですから、点数重視でいくためには、他の部分の見直しの方が遥かに有益でしょう。

 

3-2.スピード

スピード

 

次に、スピードです

 

ますたん
スピードは、試験時間中に終わるくらいのスピードは必要です♪

 

ですが、電卓を早く打ったり、早く会計処理しようと急いだりは必要ありません。

 

なぜなら、間違えてしまうことが多く訂正に時間がかかるからです

 

さらに、もし電卓の入力ミスに気付かずに進んでしまっては、元も子もありません。

 

スピードよりも効率が大切なのです。

 

3-3.集中

集中

 

最後に、集中です

 

ますたん
普段勉強する際には、ある程度の集中さが大切です♪

 

ですが、試験を受けるときには緊張からどうやっても集中力はある程度あるはずです。

 

ですから、ここで頑張るんだという思い以上に、気楽に最後まで楽しむのが重要です。

 

緊張している上に集中しようとするのは、やりすぎなのです。

 

ある程度のリスクは負うことが大切

 

簿記試験に合格するために捨てるべきこと【3選】

・当期純利益(当期純損失)

・スピード

・集中

 

ますたん
簿記試験は真面目になり過ぎず、冷静にゆっくり気楽に受ける必要があるのです♪

 

その上で、難しいところは積極的に捨てて、確実に取れるところをとることが重要です。

 

基本的に、問題は最初から解いていく必要はありません

 

最後の方に簡単な問題があり、その問題も同じ点数であることが考えられます。

 

ますたん
簡単なところから解きましょう♪

 

とよく言われるのは、そのような理由からなのです。

 

今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog