Accounting(会計)

みんな知らない会計学の面白さ【3選】

 

 

会計学は大学の経営学部や商学部などで取り上げられることもあるでしょう。

 

ますたん
金額を用いてより具体的に取引などを見ていくことができるようになります♪

 

昨今では社会での生活が複雑になり、しっかり計算していく必要があるのです。

 

結論

結論から言えば、会計学は非常に面白い学問であり、面白い要素を知っておくと有利になるでしょう。

 

1.会計学とは

会計学とは

 

会計学と聞くと一般的には簿記を思い浮かべる人もいるかもしれません。

 

学問的にはもっと幅広く非営利組織なども含まれます♪
ますたん

 

その中でも営利を目的として行われる会社は、多額が動くので中核を成すのです。

 

ますたん
会社で行われる会計を企業会計と呼びます♪

 

2.企業会計

企業会計

 

企業会計は会社で行う会計であり、財務会計と管理会計に大別されることが多いでしょう。

 

これらは外部に報告するか、内部に報告するかの違いがあります♪
ますたん

 

会社は利益を出せば良いわけではありません。

 

出資者である株主や債権者、投資家に対しても出来る限り分かりやすく会社の状況を報告する必要があるのです。

 

3.みんな知らない会計学の面白さ【3選】

みんな知らない会計学の面白さ【3選】

 

みんな知らない会計学の面白さ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.会社内部

会社内部

 

先ずは、会社内部です

 

ますたん
企業会計の会社内部における取引を記録していきます♪

 

つまり、会社内部のことがわかると言っても過言ではありません。

 

思っているよりも会社ではさまざまな取引を行っています。

 

少なからずどのような取引をしているのか理解しなければ、仕訳できません。

 

つまり、会計学を学ぶと会社内部のことが理解できるようになるでしょう♪
ますたん

 

3-2.人

人

 

次に、人です

 

ますたん
会計は最終的に人が関係してきます♪

 

なぜなら、人が計算して人に情報を伝えるために記帳するためです。

 

相対的に成り立っているので、今行われているのが絶対ではありません♪
ますたん

 

今後新たな取引などの発生により変わっていく余地が多分にあるのです。

 

3-3.数字

数字

 

最後に、数字です

 

会計は数字たる金額が大切な要素でしょう。

 

国語は複数解答があるのに対して、数学は1つしかないと言われることがあります。

 

言葉は曖昧ですが、数字は確実です。

 

ますたん
会社の取引を数字で表せるというのは、有益なことと考えられるでしょう♪

 

結論:簡単に考えると面白い

 

みんな知らない会計学の面白さ【3選】

・会社内部

・人

・数字

 

難しく考えるとややこしく感じてしまいます。

 

ですが、簡単に見れば普遍的な部分が見えてくるでしょう♪
ますたん

 

面白く学ぶことが理解していくには大切です。

 

では、今回は以上です♪
ご視聴ありがとうございました(*^^*)

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog