(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

勉強嫌いすぎる人に知ってほしい視点【3選】

 

 

学生時代は勉強をしなければいけません。

 

ますたん
そんな時勉強が嫌いな人にとっては苦痛でしかないでしょう♪

 

ですが勉強嫌いな人は少し視点を変えるだけで勉強に対する見方が変わってきます。

 

結論

結論から言えば、視点を変えるだけで勉強が嫌いでなくなる可能性があるでしょう。

 

1.勉強が嫌いすぎる人とは

勉強が嫌いすぎる人とは

 

勉強が嫌いすぎる人からしてみれば、なぜ勉強をしなければいけないのか分からないかもしれません。

 

強制的にやらされているように感じれば、やりたくないのは誰でも同じです♪
ますたん

 

なぜ勉強をした方が良いのかは教えてもらう機会がありません。

 

ますたん
勉強が嫌いすぎるのには何かしらの理由があります♪

 

2.自分がいけないわけでもない

自分がいけないわけでもない

 

勉強が嫌いなことについて自分を責める人もいます♪
ますたん

 

ですが、自分がいけないわけでもありません。

 

ますたん
先生の理解が乏しい場合など、相手に伝えることが苦手な方もいるでしょう♪

 

自信の知的好奇心が駆り立てられない場合、勉強が嫌いになるのは時間の問題です。

 

3.勉強嫌いすぎる人に知ってほしい視点【3選】

勉強嫌いすぎる人に知ってほしい視点【3選】

 

勉強嫌いすぎる人に知ってほしい視点【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.勉強したほうが有利

勉強したほうが有利

 

先ずは、勉強した方が有利です

 

一般的な教養として人と会話ができるようになるので勉強した方が有利なのは言うまでもありません。

 

一定程度の勉強は勉強しておいた方が良いでしょう♪
ますたん

 

日常で使う言葉や漢字、計算、法則など、健康面や経済的に活かせる知識がたくさんあります。

 

これらはどの場面でどの知識が必要になるか絶対には分かりません。

 

つまり、総合的に教養として勉強しておく必要があるのです。

 

3-2.勉強する過程

勉強する過程

 

次に、勉強する過程です

 

勉強をした結果、お金や資格を得るために勉強する人もいるでしょう。

 

ますたん
ですが、1番大切なのはやはり勉強する過程です♪

 

綺麗事のように感じる方もいますが事実と言えます。

 

過程とは、習慣です♪
ますたん

 

文字を読んだり、椅子に座ったり、勉強時間を管理したり、このような習慣は様々な場面でいきてきます。

 

3-3.リアルに考える

リアルに考える

 

最後に、リアルに考えるです

 

ますたん
歴史や英語、実験など勉強は非現実的なことが多いかもしれません♪

 

人は過去の経験を活かして生活しているので、勉強する事はリアルに必要なことが多いです。

 

歴史は過去の事象から、誤りを訂正して生きるために必要でしょう♪
ますたん

 

英語はグローバル経済化において、様々な国の人と話をして考え方や文化を学ぶために必要です。

 

実験することで、日常生活において気をつけるべきこと、円滑に進められることなどを学べます。

 

一見使わないような知識でも、追求して仕事として行う場合には使っていくことになるでしょう。

 

ますたん
自分が一番仕事にしたい内容を真剣に勉強することです♪

 

結論:勉強する理由を知る

 

勉強嫌いすぎる人に知ってほしい視点【3選】

・勉強したほうが有利

・勉強する過程

・リアルに考える

 

大体の大人は勉強をしなければいけない意味をうまく説明できず、でもした方が良いので勉強しなさいと言います。

 

勉強をする前に今やる勉強が何に生きるのかを考えてみてください♪
ますたん

 

一見すると必要のない知識でも必ずあなたの生きる力になるのです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog