Accounting(会計)

重要性の原則を資格の勉強に取り入れる方法【3選】

 

 

ますたん
重要性の原則は、『企業会計原則』の重要なところに視点を置いている考え方です♪

 

すべてが重要なのは間違いないですが、試験勉強するには優劣が必要と言えます。

 

結論

結論から言えば、試験勉強の場合には『重要性』をつけて優劣に従い勉強を工夫して行うことが大切なのです。

 

1.重要性の原則とは

重要性の原則とは

 

重要性の原則とは、質的・量的に重要性の乏しいところは簡便的な会計処理が認められます

 

これは、重要性の乏しいところを簡便な会計処理で行うことで、重要なところを厳密に行える為です。

 

逆に、簡便なところまで厳密に行うことは、時間も費用も使うので、重要なところに手が回らないことも考えられます。

 

これは勉強にも利用できる考え方です。

 

2.資格勉強の重要性とは

資格勉強の重要性とは

 

勉強はすべてが重要です

 

ただ、その中でも時と場合に応じた目的を決めて効率について考えていく必要があります。

 

実務における重要性は実務においてよく使う取引です。

 

これが資格勉強の場合には、それに応じた勉強方法があるのです。

 

3.重要性の原則を資格の勉強に取り入れる方法【3選】

重要性の原則を資格の勉強に取り入れる方法【3選】

 

重要性の原則を資格の勉強に取り入れる方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.配点

配点

 

先ずは、配点です

 

ますたん
試験には必ず配点というものがあります♪

 

これは点数が割り振られているということで、箇所によって点数が変わります。

 

配点が高いところを中心に勉強することが大切です。

 

配点がないのにも関わらず時間を割くことは、効率な勉強とは言えません。

 

3-2.出題回数

出題回数

 

次に、出題回数です

 

ますたん
出題回数は過去に何度出題されているかを言います♪

 

出題されている回数が多ければ多いだけまた出題される可能性が高いと通常は考えるのです。

 

もし同じ問題が出題されないような場合でも、類似しているものを探してみましょう。

 

必ずどこかに普遍的なルールがあるはずです。

 

3-3.時間

時間

 

最後に、時間です

 

配点が高かったとしても時間がかかる場合には重要性が高いとは言えません。

 

ますたん
直ぐに解けて配点が高い場合に重要性が高いのです♪

 

どちらかといえば簡単に解ける物を積み重ねるほうが点数が高くなる印象と言えます。

 

これはもし複合論点のようになっていて、最終数値だけに配点が与えられている場合には、大変な思いをしてといたのに0点かもしれません。

 

簡単なところを見つけて解くことが大切なのです。

 

結論:人生は重要性の原則

 

重要性の原則を資格の勉強に取り入れる方法【3選】

・配点

・出題回数

・時間

 

ますたん
拡大解釈してしまうと人生全てにおいて重要性の原則は成り立ちます♪

 

全てが大切なのは勿論のことですが、その中でも重要な所というのを探しましょう。

 

ますたん
そこに選択集中することで必ず良い結果を導き出すことができるのです♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-, ,

© 2022 masutannblog