(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記) 日商簿記3級

【前払前受】いつお金を支払うのか【未払未収】

今回は、取引時点でお金の移動が無い場合を紹介していきます♪

 

日商簿3級についての全体を把握したい場合は、こちらをご覧ください。

 

1.取引の認識

 

会計では、いつ取引を財務諸表に書くかを認識といいます。

 

その認識時点は取引が完了した時点だけではありません。

 

例えば、以下の通りです

・モノやサービスを売る

・現金などの受け取り

 

基本的にはどちらかがあれば取引として帳簿に計上します♪

 

2.前払金・前受金・未払金・未収金

 

前払金・前受金・未払金・未収金は、それぞれ以下の通りです。

 

前払金

 

商品代金を商品を受け取る前に支払った場合に計上する勘定科目

 

前受金

 

商品を渡す前に商品代金を受け取った際に計上する勘定科目

 

未払金

 

商品以外のモノを受け取ったが商品代金を支払っていない際に計上する勘定科目

 

未収金

 

商品以外のモノを受け渡したが商品代金を回収していない際に計上する勘定科目

 

注意商品代金の支払い(受け取り)を後にする際に計上する項目は売掛金・買掛金です。

代金を後で支払う(受け取る)際の記事は以下をご覧ください

参考記事:後で支払う(受けとる)会計処理【掛け取引】【保存版】日商簿記3級図鑑【勉強編】

 

3.会計処理

 

会計処理は以下の通りです♪

 

例1

 

商品を購入して内金50,000円を現金で先に支払い、後日商品を受け取るとともに代金100,000円の内50,000円を現金で支払った。

 

内金の支払い時

 

前払金 50,000円 現金 50,000円

 

商品受け取り時

 

仕入 100,000円 前払金 50,000円
現金  50,000円

 

例2

 

商品を売り上げる際先に内金50,000円を現金で受け取り後日商品を渡すとともに100,000円の内50,000円を現金で受け取った。

 

商品売上時

 

現金 50,000円 前受金 50,000円

商品代金受け取り時

 

前受金 50,000円 売上 100,000円
現金  50,000円

 

例3

 

固定資産を100,000円で購入して代金を掛けとし後日現金で支払った。

 

固定資産購入時

 

固定資産 100,000円 未払金 100,000円

 

未払金支払い時

 

未払金 100,000円 現金 100,000円

 

例4

 

固定資産を100,000円で売却して代金を掛けとし後日現金で受け取った。

 

固定資産売却時

 

未収金 100,000円 固定資産 100,000円

 

注意基本的には、減価償却などの影響により『売却損』や『売却益』が計上されますが、説明の便宜上割愛させていただいております。興味のある方はこちらをご覧ください。

 

 

未収金回収時

 

現金 100,000円 未収金 100,000円

 

このような会計処理になります。

 

私は覚え方として、以下のようにカタカナの「コ」を書くように前払前受未払未収(まえばまえうけみばみしゅう)って習いました♪

 

前払金 前受金
未収金 未払金

 

・『前払金』は後で商品を受け取れる、『未収金』は後で代金を受け取れる権利なので資産(借方で増える)

・『前受金』は後で商品を渡す、『未払金』はあとで代金を支払う義務なので負債(貸方で増える)

 

コを書きながら覚えておいて損は無いと思います♪

 

今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記), 日商簿記3級
-, , ,

© 2022 masutannblog