Think(考える)

人を使うのが得意な人と苦手な人の違い【3選】

 

 

ますたん
あなたは人を使うことに自信がありますか?

 

人には色々な人がいるので、一概には言えないことが多いでしょう。

 

結論から言えば、自分が使うのではなく相手が活躍できる場を設ける意識でいれば、自然に得意と言えるような結果を出していけるようになります。

 

1.人を使うとは

人を使うとは

 

何か目的を持って行動している際に、人に意見を出して行動してもらうことです。

 

例えば、以下のようなことです

・上司が部下に指示を出す

・先輩が後輩に指示を出す

 

このような場合以外にも、同僚にお願いすることも使うと言えるでしょう。

 

ますたん
問題なのは、その中で得意か下手かという違いが出ることです♪

 

2.人を使う上で注意すべきこと

人を使う上で注意すべきこと

 

前提として、人を「使う」という表現をその通りに感じている方は、傲慢になっているでしょう

 

いくら勉強をしても仕事をしても人は使えないです。

 

ますたん
なぜなら、人には意思があるからです♪

 

あくまでも、その関係性だから従っていることに注意が必要でしょう。

 

ですから、自分が行わなければいけないことを代わりにやって頂いていることは、忘れてはいけません。

 

3.人を使うのが得意な人と苦手な人の違い【3選】

 

人を使うのが得意な人と苦手な人の違い【3選】

人を使うのが得意な人と苦手な人の違い【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.責任の所在

責任の所在

 

先ずは、責任の所在

 

こちらは、問題が生じたときに原因追求ではなく責任を相手に押し付けるかどうかです。

 

ますたん
色々なことを把握している方が分かっていない方に責任を擦り付けるのは容易でしょう♪

 

ですが、問題解決には至りませんし、責任は責任者にあります。

 

基本的には、指示を出している人に責任があると考えて行動することが重要です。

 

3-2.相手の得意なこと

相手の得意なこと

 

次に、相手の得意なことです

 

ますたん
相手の得意なことを把握して、そこをうまく引き出せることができるかです♪

 

相手の苦手なことを押し付けていてもなかなかスムーズにはいきません。

 

普遍的な部分を考えれば必ず得意なことは見えてくるのです。

 

ひとりひとりの特性を活かせるように意識しましょう。

 

3-3.説明の上手さ

説明の上手さ

最後に、説明の上手さです

 

基本的に、相手が理解して行動できるかどうかは、聞き手の理解もありますが説明の上手さが大切です。

 

基本的には、結論を述べて理由を必ずつける必要があります。

 

1番いけないのは以下のような説明です

→これをここにこうやるとこうなるから

 

百聞は意見に如かずなのは間違いないです。

 

ますたん
ただ、名前を使ってなぜそうするのか、なぜそうなるのかを説明する必要があるのです♪

 

結論:冷静に改善策を模索できるかどうか

 

人を使うのが得意な人と苦手な人の違い【3選】

・責任の所在

・相手の得意なこと

・説明の上手さ

 

ますたん
確かに、色々な方がいるので一概には言えないでしょう♪

 

ですが、基本的には地位や名誉に関わらず相手を尊敬していく必要があります。

 

そして、解決策に集中さえしていれば、誰でも人に上手い指示が出来るようになるでしょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)

© 2022 masutannblog