Work out(筋トレ)

【筋トレ】部位別に鍛えることで得られるメリット【3選】

 

 

ますたん
筋トレは、色々な部位をまとめてする方も多いです♪

 

ですが、部位別に行うとより効率的な筋トレを行うことができるようになります。

 

結論

部位別によると、適切な休養がとれたり集中することができるので、筋肉の成長が狙えるメリットが沢山あるのです。

 

1.部位別に鍛えるとは

 

筋トレを行う部位とは、体の筋肉の部位を示しています。

 

ますたん
その鍛えたい筋肉を日によって分けたりするのです♪

 

基本的には体の部位で分けている方が多いです。

 

例えば、以下のような分け方です

月:脚 火:胸 水:休養 木:背中 金:腕 土:肩 日:休養 

 

分け方は人により様々で、腕の中でも二頭筋や三頭筋と細かく分けて行っている方も多いです。

 

2.部位別に鍛えないとどうなるのか

 

部位別に鍛えないと、疲労が溜まって最初の部位だけ力が入り、他の部位に集中できないことがあります。

 

また、一気に筋肉痛になり日常生活がつらくなったりしてしまうことも考えられるのです。

 

一概には言えませんが、無理なくコツコツ行ったほうが筋トレは継続できます。

 

ますたん
継続できる環境で楽しみながら行うのが筋トレのコツなのです♪

 

3.部位別に鍛えるメリット【3選】

 

部位別に鍛えるメリット【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.習慣化する

 

先ずは、習慣化することです

 

筋トレを1週間の内1日だけ全身行うと、ある時を境にやらなくなってしまいがちです。

 

なぜなら、やらない時間が長いのでそちらの行動が習慣化されていきがちだからです。

 

また、筋肉に意識がいきづらいので、成長しづらい状態です。

 

ますたん
成長しなければ楽しくなくなりますから、必ず辞めてしまうでしょう♪

 

3-2.集中できる

次に、集中できることです

 

筋肉の部位に集中していないと、別のところに聞いていても気づきません。

 

ですから、思っているところではないところが発達してしまうかもしれないのです。

 

しっかり、効いている感覚を掴むために部位別の筋トレは有用です。

 

ますたん
思っているところに効かせられるようにしていきましょう♪

 

3-3.疲労を分散できる

 

最後に、疲労を分散できることです

 

疲労が全身に残れば、だるくなり普段の生活がしづらくなります。

 

その状態になってしまうことを避けるために筋トレから遠ざかってしまいます。

 

ですから、少ない部位ずつ行って、そこだけは筋肉痛だけど動くのは無理がないのも大切です。

 

ますたん
効いているというのを実感するためにも、筋肉痛すら楽しめたら最高かもしれませんが笑

 

部位別の筋トレは効率的な鍛え方

 

部位別に鍛えることで得られるメリット【3選】

・習慣化する

・集中できる

・疲労を分散できる

 

ますたん
このような様々なメリットが存在します♪

 

今回ご紹介したのは筋肉をつけるために特化したメリットです。

 

ですから、単純に回復させる時間を与えられることで、怪我を防いだりなどの効果もあります。

 

追い込むことは大切なのですが、怪我には注意しなければいけません。

 

ますたん
しっかり休養はとれるようにしていきましょう♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^♪

スポンサーリンク

-Work out(筋トレ)

© 2022 masutannblog