Think(考える)

フリーランスが取るべき資格【3選】

 

 

フリーランスになると信用が大切です。

 

ますたん
実績があれば実績による評価がされます♪

 

一方で実績がない場合は特に資格などにおいて信用性が見いだされるでしょう。

 

結論

結論から言えば、数字に強くなると有利です。

 

1.フリーランスと資格

フリーランスと資格

 

フリーランスは自分で仕事を取らなければなりません。

 

知らない人を信用して取引をするのは危険です♪
ますたん

 

逆を返せば相手の方もあなたを信用しなければなりません。

 

そんな時に資格があると一定程度その知識に関して詳しいことが保証されるので安心感があります。

 

2.絶対に必要なわけではない

絶対に必要なわけではない

 

資格があれば有利ですが絶対に必要なわけではないです。

 

近くの勉強を通じて知識がつくので有利ではありますが、それは資格だけではありません。

 

実際に知識があるのと資格を保有するのは同じではないからです。

 

ますたん
資格を勉強しながら知識をつけて受験しないのもありかもしれません♪

 

せっかく勉強するのであれば、受験して取得した方が良いですが、自分の必要な知識だけ学んでおくのもありでしょう。

 

3.フリーランスが取るべき資格【3選】

フリーランスが取るべき資格【3選】

 

フリーランスが取るべき資格【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.簿記

簿記

 

先ずは、簿記です

 

フリーランスは、自分で帳簿を付けなければなりません♪
ますたん

 

専門家に任せるにしても、一任するのは危険です。

 

ますたん
雑に行われていないように知識を獲得しておくと良いでしょう♪

 

より専門的な話から新たな事業計画が立てられるかもしれません。

 

3-2.FP

FP

 

次に、FPです

 

FPはお金のスペシャリストと言えます。

 

お金のことに関して総合的に学ぶことができるのです♪
ますたん

 

逆に何も学んだことのない方からすれば、FPを勉強するのは有益です。

 

ますたん
基礎知識が身についた後自分の興味がある資格に挑戦してみるのも良いでしょう♪

 

3-3.ビジネス会計

ビジネス会計

 

最後に、ビジネス会計です

 

簿記は会計について学びますが実際に自分が帳簿をつける側の知識です♪
ますたん

 

帳簿から財務諸表を作成しますが、それを分析するのはちょっと異なります。

 

ますたん
より深く分析できるためにはビジネス会計のような知識が必要でしょう♪

 

様々な視点から分析ができるようになるので、有利に働きます。

 

結論:数字に強くなると有利

 

フリーランスが取るべき資格【3選】

・簿記

・FP

・ビジネス会計

 

広い視点でざっくり考えることも大切ですが、より分析することで確実性が増してきます。

 

フリーランスにおいて数字に強くなる資格を勉強すると、失敗が減ってくるでしょう♪
ますたん

 

迷った場合にはとりあえずFPがおすすめです。

 

総合的に学びつつより専門的な資格が取りたい場合にはチャレンジすると良いかもしれません。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2023 masutannblog