Think(考える)

人の話が頭に入らないときに行うべき改善策【3選】

 

 

ますたん
人の話が頭に入らないことは誰にでもあります♪

 

ですがこれは日常的に起こってしまうと問題と言えるでしょう。

 

結論

結論から言えば、話の筋を捉える必要があります。

 

1.人の話が頭に入らないとは

人の話が頭に入らないとは

 

自分に話をしているのに、何を言われているのかがわからない状況と言えます。

 

悪気はないのに、聞いていないように捉えられてしまうかもしれません♪
ますたん

 

関係性を悪くしないためにも話をしっかり聞く必要があります。

 

相手の言っていることを理解できるように改善していくことが大切です。

 

2.頭に入らない理由

頭に入らない理由

 

相手の話していることが頭に入るのに理由はいくつか考えられます。

 

・マルチタスクをしている

・難しいことを言われている

・話を聞き逃さないようにしている

 

病気の場合を除き、通常しっかりできていれば理解できるはずです。

 

ますたん
ですが、聞いていても理解できないことがあるので、注意していきましょう♪

 

3.人の話が頭に入らないときに行うべき改善策【3選】

人の話が頭に入らないときに行うべき改善策【3選】

 

人の話が頭に入らないときに行うべき改善策【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.幹を探る

幹を探る

 

先ずは、幹を探るです

 

話をしっかり聞こうとすることは良いことですが、逆に聞きすぎて分からなくなる場合も考えられます。

 

あー、えーっとなどのフィラー表現が多い場合、何を言われているか分からなくなりがちです。

 

議題としてなにについて話しているかを捉える必要があります。

 

相手の話している話の幹を探ってみましょう♪
ますたん

 

3-2.結論を言って貰う

結論を言って貰う

 

次に、結論を言って貰うです

 

結論を知らない場合、話が頭に入ってこないこともあります。

 

ますたん
なぜなら、どちらの結論について話されてるかがわからないからです♪

 

実は違う結論だった場合、今までの見解が丸っきり違ったかもしれません。

 

先に結論を言って貰うのはそれだけ大切なことなのです。

 

3-3.質問する

質問する

 

最後に、質問するです

 

会話している場合には質問するのが一番良いでしょう♪
ますたん

 

なぜなら、相手の視点を知れるからです。

 

相手の視点が分かれば一気に話の内容が入ってきます。

 

視点を知ることも話しを頭に入れるためには重要なのです。

 

結論:話の視点や幹を掴む

 

人の話が頭に入らないときに行うべき改善策【3選】

・幹を探る

・結論を言って貰う

・質問する

 

ますたん
話の視点や幹を掴むと一気に話が頭に入ってくるでしょう♪

 

その場合でも話しを聞く努力は必要です。

 

手を休めて相手の話に集中しましょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog