Think(考える)

【コツ】文章の書き方

 

1.読み手のことを考える

 

文章は目的に応じて書き方を変えていくべきだと思います。

 

なぜなら、基本的な目的が誰かに伝える目的であったとしても、それは時と場合により異なります。

 

論文でしたら、稚拙な表現は避けて具体的かつ的確に、時には専門性をもって書く必要があるでしょう。

 

これは、一定の水準以上の専門性を持った方々が読むことが想定されるからです。

 

本来は普遍的な説明が望ましいですが、そのように専門性の高い論文は、そのような専門的な表現の方が適していると言えます。

 

これに対して、みんなに理解して貰いたい場合には、簡単に話さなければいけません。

 

少し間違っていたとしてもそれは問題にならないことが多いです。

 

子ども向けの本は、簡単に書いてあるので、完璧に合っているとは言えない場合があっても、理解しやすいようになってます。

 

このように、文章を書くにあたっての構成も、読む方のことを考えて書く必要があるわけです。

 

つまり、論文のような構成に一定の決まりがある場合を除き、読み手が理解しやすいように変えていく必要があります。

 

2.ポイントをピックアップ

 

文章の中でも、伝えたいポイントがある筈です。

それを箇条書き等、簡単にメモしておきましょう。

 

その伝えたいポイントを中心として文章を書いていくことで相手に対して的確に示していくことが大切です。

 

伝えたいポイントを話の中に入れたとしても、「そこがポイント」ということを伝えなければ意味がありません。

 

その為には、そのポイントを先に把握しておく必要があるわけです。

 

3.構成を考えてから書く

 

ポイントを把握したらそのポイントを中心として先に構成を考えていきます。

 

その構成に関しては、決まりのあるものは決まりの範囲で行う必要がありますが、ない場合は相手に対して伝えることを意識しましょう。

 

ですから、余分な文章を書くよりもポイントのみを書きその説明を簡潔に書けば良いと思います。

 

文章を書くコツとして文字数が決められていないのであれば、文章を書き過ぎないというのも大切なことです。

 

まとめ

 

文章を書くコツ

・読み手の事を考える

・ポイントをピックアップ

・構成を考えてから書く

 

文章は書き始める前に終わっていると言っても過言ではありません。

 

ですから、ポイントを絞り構成を考えてから、読み手に伝わりやすいように文章を考えて書いていくことで文章が綺麗にまとまっていくと思います。

 

先に大きな見出し的キーワードの体系を意識して書いていきましょう。

 

では、今回は以上です♪

 

ご視聴ありがとうございました(*'ω'*)

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog