Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記試験の直前期に確認すべきこと【3選】

 

 

どんな試験でも直前期の過ごし方が合否を分けると言っても過言ではありません。

 

ますたん
簿記の試験においてもこれは同様です♪

 

事前に何を確認しておけば良いのか明確にしていきましょう。

 

結論

結論から言えば、疲れない範囲で出来ることは全てやっておくことです。

 

1.簿記試験の直前期

簿記試験の直前期

 

簿記の試験にむけて勉強をしてきたとしても直前期の過ごし方で全てが変わるかもしれません。

 

前期期に遊んでしまえば、今まで勉強してきたことが水の泡になってしまうことも少なくないでしょう♪
ますたん

 

試験の直前になって何をしても無駄だと思ってしまうこともあります。

 

ますたん
ですが、簿記は量が多いですが一つ一つのボリュームはそこまで多くありません♪

 

2.直前期はとても大切

直前期はとても大切

 

人はいくら真剣に覚えたとしても、時間が経てば忘れてしまいます♪
ますたん

 

直前期に覚えたことは試験当日に思い出せることが多いです。

 

日頃から何度も繰り返しているところは知識として頭に定着していると思います。

 

一方で、知識として定着していなくとも当日わかれば良いのです。

 

ますたん
あくまでも試験日が大切ということを忘れないでいきましょう♪

 

3.簿記試験直前期に確認すべきこと【3選】

簿記試験直前期に確認すべきこと【3選】

 

簿記試験の直前期に確認すべきこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.当日の準備

当日の準備

 

先ずは、当日の準備です

 

勉強ばかりに集中してしまいがちですが、俯瞰してみれば大切なのは勉強だけではありません♪
ますたん

 

試験当日に安心して受けれる環境を事前に整えておきましょう。

 

・筆記用具

・試験開始時刻

・試験場の場所

 

当たり前のように思えることでも、組み合わされると混乱してしまいます。

 

ますたん
当日に考えすぎて、試験開始時点で疲れてしまわないように事前にチェックしておくと良いです♪

 

3-2.勉強してきた

勉強してきた

 

次に、勉強してきたです

 

今まで勉強してきていない内容を直前期に覚えるのはあまり良くないと思います♪
ますたん

 

なぜなら、分からないところを試行錯誤していると、分かっているところを忘れてしまうからです。

 

勉強したところが出題された場合、直前期に勉強してこなかったところをやっていたがために分からなくなってしまうかもしれません。

 

それよりも勉強してきたところを効率よく復習していく方がはるかに点数は上がる筈です。

 

3-3.出そうなところ

出そうなところ

 

最後に、出そうなところです

 

範囲全て出てきそうに見えてしまうのは分かりますが、出そうなところはいくつかあります。

 

・話題性

・繰り返し出題されている

・最近でていない

 

専門学校の出題予想などをチェックしておくと良いでしょう。

 

ますたん
限られた時間の中で勉強するためには重要性について考えていく必要があります♪

 

結論:疲れない範囲で出来ることは全てやっておく

 

簿記試験直前期に確認すべきこと【3選】

・当日の準備

・勉強してきた

・出そうなところ

 

勉強してきたところや出そうな所を中心として、出来る限りの復習をしましょう♪
ますたん

 

その上で当日に試験を受けるだけの状態に準備していくことです。

 

ますたん
大敵なのは当日疲れてしまっていると、頭が回らなくなってしまうので、休む時間は必ず確保しましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog