(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

【貸借】簿記における増加減少を理解するポイント【3選】

 

 

簿記においては初めにつまずくポイントが増加や減少です。

 

ますたん
科目により右と左どちらで増加するのか減少するのか分からなくなってしまいます♪

 

ポイントを押さえることで、曖昧な記憶を明確にしていきましょう。

 

結論

結論から言えば、借方で資産と費用、貸方で負債と収益と資本(純資産)が増加します。

 

1.簿記における増加減少

簿記における増加減少

 

簿記では右か左のどちらかで科目が増加または減少します。

 

それにより正しく帳簿をつけることができるようになるのです♪
ますたん

 

科目ごとにどちらで増加するのか減少するのかは決まっています。

 

ますたん
簿記の基礎中の基礎なので正確に押さえていく必要があるでしょう♪

 

2.ルールとして覚えてしまう

ルールとして覚えてしまう

 

その科目はなぜ右で増加するのか疑問に思うこともあるでしょう♪
ますたん

 

ですが、これを正確に説明できる方は少ないです。

 

本当は理解して考えていく必要がありますが、「+」をするとなぜ数字が増えるのか聞かれているのと同様に難しい質問と言えます。

 

とりあえずルールとして押さえていきましょう。

 

3.簿記における増加減少を理解するポイント【3選】

簿記における増加減少を理解するポイント【3選】

 

簿記における増加減少を理解するポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.簿記の5大要素

簿記の5大要素

 

先ずは、簿記の5大要素です

 

簿記は取引を帳簿に記載しますが、その時に5つの要素に分けて考えます。

 

・資産

・負債

・収益

・費用

・資本(純資産)

 

この5つです。

 

ますたん
例えば、現金は資産に分類されます♪

 

資産がどちらで増加又は減少するのかが分かれば、現金はどちらで増加又は減少するのかが分かります。

 

3-2.右と左

右と左

 

次に、右と左です

 

簿記は右と左に分けて考えていきます。

 

左は借方、右は貸方と呼ぶので覚えておきましょう♪
ますたん

 

覚え方としては、借方の「り」と貸方の「し」に着目してみてください。

 

ますたん
「り」は書き終わりが左にいくのに対して、「し」は書き終わりが右にいきます♪

 

これさえ覚えておけば忘れることはありません。

 

3-3.どちらにいくのか

どちらにいくのか

 

最後に、どちらにいくのかです

 

増加または減少を考える場合には、どの科目が貸方と借方どちらで増加又は減少するのかが大切になります。

 

借方→資産と費用

貸方→負債と収益と資本(純資産)

 

この方向にある時に増加するので、増加する方を覚えておけば、逆にくる時に減少です。

 

また資産は借方で増えることさえ覚えると、対の負債は逆と覚えられます♪
ますたん

 

さらに資産と逆の支払うイメージである費用が借方であることを思い出せば、対の収益は逆と覚えられるでしょう。

 

ますたん
出来る限り簡単に考えられるように工夫してみてください♪

 

結論:借方で資産と費用、貸方で負債と収益と資本(純資産)が増加

 

簿記における増加減少を理解するポイント【3選】

・簿記の5大要素

・右と左

・どちらにいくのか

 

すべてをひとつずつ覚えるとわからなくなりがちです。

 

どれかを覚えて連想ゲームのように思い出しましょう♪
ますたん

 

そうすれば簡単に覚えられることができて忘れづらくなります。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog