(Cost accounting)原価計算 Accounting(会計)

工業簿記における仕訳のコツ【3選】

 

 

工業簿記では商業簿記とは異質な部分があります。

 

ますたん
一方で、仕訳に関しては性質は同じです♪

 

基本を大切に押さえていきましょう。

 

結論

結論から言えば、総合的に理解しておくべきです。

 

1.工業簿記における仕訳

工業簿記における仕訳

 

工業簿記では、仕訳も出題されます♪
ますたん

 

基本的には金額を埋めていく計算が多いですが、仕訳は基礎です。

 

ますたん
いつ出題されてもおかしくないと考えておきましょう♪

 

流れと一緒に仕分けを押さえていくのがポイントです。

 

2.苦手な人が多い

苦手な人が多い

 

工業簿記は苦手な人にとってとことん苦手な印象があります♪
ますたん

 

ですが、しっかり押さえていけば難しくはありません。

 

ますたん
工業簿記の基礎は「原価計算基準」です♪

 

全ての企業で使えるように基礎的な部分だけが書かれています。

 

つまり、内容はそこまで細かくはないのでテキストを全て覚えてしまう勢いが大切です。

 

3.工業簿記における仕訳のコツ【3選】

工業簿記における仕訳のコツ【3選】

 

工業簿記における仕訳のコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.勘定連絡図

勘定連絡図

 

先ずは、勘定連絡図です

 

勘定連絡図とは、製造で使う時の流れを体系的に記したものといえます。

 

工業簿記は勘定連絡図で始まり勘定連絡図終わります。

 

これだけは必ず覚えてしまいましょう♪
ますたん

 

絶対に役に立つはずです。

 

3-2.仕訳とT勘定

仕訳とT勘定

 

次に、仕訳とT勘定です

 

仕訳とT勘定は全く異なるように感じますが、殆ど同じと言えます。

 

ますたん
仕訳で借方にきている場合には、T勘定でも借方です♪

 

仕訳を得意にするためには、T勘定も一緒に押さえておく必要があります。

 

どちらでも対応できるように慣れておくと良いでしょう♪
ますたん

 

3-3.差異に注意

差異に注意

 

最後に、差異に注意です

 

差異の場合は、仕訳で貸借のどちらにも来る可能性があります。

 

ますたん
また、借方差異(-)貸方差異(+)などと呼びます♪

 

この場合、あくまでも差異の勘定がどちらに来ているかで考えなければなりません。

 

対象となっている品目などで考えないように注意しましょう♪
ますたん

 

結論:総合的に理解しておくべき

 

工業簿記における仕訳のコツ【3選】

・勘定連絡図

・仕訳とT勘定

・差異に注意

 

ますたん
慣れてしまうとそこまで多くないので商業簿記よりも理解しやすいかもしれません♪

 

計算をしていると仕訳を軽視しがちであり、いきなり聞かれた時に対応できません。

 

いくつかのポイントを意識して日頃から仕訳に表すとどうなるのか考えておきましょう♪
ますたん

 

その基礎となるのが勘定連絡図であり絶対に押さえておくべき部分です。

 

では今回以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Cost accounting)原価計算, Accounting(会計)
-, ,

© 2022 masutannblog