Accounting(会計)

分かりづらい簿記のテキストを簡単に理解する方法【3選】

 

 

ますたん
皆さんは簿記のテキストが分かりづらいと思ったことはありませんか?

 

もちろん作成した側は理解しやすいように書いてくださっているはずですがそれでも理解しづらいというのが現状でしょう。

 

結論から言えば、テキストといっても処理の方法が載っているだけであり、理由があまり書いていないことが多いため理解しづらいことが多いのです。

 

1.簿記のテキストとは

簿記のテキストとは

 

市販で売られているものや専門学校で渡されるテキストです

 

テキストと言われるとそれだけ読んでいれば間違えないように感じます。

 

簿記のテキストは基本的には方法が載っていて、自営業や会社に勤めている方は比較的理解しやすいかもしれません。

 

なぜなら、日頃から取引を行っている内容がテキストに載っているからです。

 

ますたん
学生などその取引自体を経験していない方にとっては特に現実味のないお話といえます♪

 

2.テキストの理解

テキストの理解

 

一番簡単なお話として、商品の売買という取引があります。

 

ますたん
ですがこれですら、自分の商品を売ったことがなければ実際に理解したとも言いづらいでしょう♪

 

あくまでも仮定のお話をしているに過ぎないからです。

 

また、テキストには理由があまり載っていません。

 

載っていたとしてもあくまでも公的な文書としてしっかり書かれているため理解することが難しいこともあるのです。

 

3.分かりづらい簿記のテキストを簡単に理解する方法【3選】

分かりづらい簿記のテキストを簡単に理解する方法【3選】

 

分かりづらい簿記のテキストを簡単に理解する方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.入門書を読む

入門書を読む

 

先ずは、入門書を読むことです

 

入門書は比較的噛み砕いて書かれていることが多いといえます。

 

ますたん
ですからあまり難しく考えることなく且つ現実味のあるお話で頭に入ってきやすいでしょう♪

 

テキストを勉強するのは間違いないというのはあっています。

 

ますたん
ただその内容が理解できないのにずっと考えているのではなく別の視点から考えていくことが大切と言えるでしょう♪

 

3-2.取引を勉強する

取引を勉強する

 

次に、取引を勉強することです

 

あまり深入りする必要はありませんが取引が分からなければなぜそのようなことをするのか理解しづらいです。

 

ますたん
現実に行ってみるということはなかなか難しいですから、どのような取引なのかを考えてみましょう♪

 

また現実にどういったことが行われているのか理解していけば、納得がいくことが多いです。

 

ますたん
ただ実際に会社という大きな規模で実務として行なっていることですので、全てを理解するのは不可能と考えましょう♪

 

ある程度で十分理解は深まりますので、問題ありません。

 

3-3.理由を調べる

理由を調べる

 

最後に、理由を調べることです

 

ここでポイントは理由を『調べる』ということです。

 

ますたん
ちょっと考えてみることが良いですが、筆者のように考え込んでしまう人は注意が必要と言えます♪

 

実際には既に行われそのようになってきたという趣旨が必ずあるわけです。

 

意味としてはその趣旨通りですのであまり深く考えずに覚えることに集中しましょう。

 

結論:テキストにこだわりすぎないようにしましょう

 

簿記のテキストを理解する方法【3選】

・入門書を読む

・取引を勉強する

・理由を調べる

 

ますたん
テキストは、辞書のように考えてしまっても良いです♪

 

テキストを覚えれば間違いは確かにないのですが理解が乏しくなりがちです。

 

簡単に自分の頭で理解していくためにはテキストだけに必要はありません。

 

なぜなら暗記だけでは実際に使って行くことができないため、理解は重要だからです。

 

ますたん
ですので遠回りをして最終的にはテキストが頭に入っているという状況を作っていきましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-, ,

© 2022 masutannblog