(Management Accounting) 管理会計 Accounting(会計)

モチベーションが上がる!管理会計の面白さ【3選】

 

 

ますたん
管理会計の楽しさを知っていますか?

 

やはりその勉強の楽しい所を知っていなければ、勉強するモチベーションが上がらないんですよね。

 

結論

結論から言えば、管理会計は財務会計と比べて柔軟性があるので、各々の会社で役立つ知識として利用していくことができるのです。

 

1.管理会計とは

管理会計とは

 

管理会計とは会社で利益を上げることを追求するために管理していく会計です

 

ですから、細いところがあるためしてしまう方も多くいます。

 

ますたん
ですが、楽しいところもたくさんあるためそれを知っておきましょう♪

 

そうすることで管理会計を勉強するモチベーションが上がり気付いたら知っているくらいになって行くでしょう。

 

勉強は楽しみながら行うことが一番大切なのです。

 

2.管理会計と財務会計

管理会計と財務会計

 

ここでは明確にではなく感覚を掴んでもらいたいです。

 

財務会計は決まっている事柄を守りながら財務諸表を作成するまでの過程を簿記を利用して帳簿に記載していきます。

 

これに対して管理会計は、いかに利益を上げることができるのか試行錯誤しながら考えていきます。

 

ますたん
簡単に言えばその方法を学んでいくことになるわけです♪

 

3.管理会計の面白さ【3選】

管理会計の面白さ【3選】

 

管理会計の面白さ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.未来情報

未来情報

 

先ずは未来情報です

 

会計は基本的に過去の実績に基づいて記帳して行きます。

 

ますたん
ですから大体が過去のデータではあるということがいえます♪

 

これに対して管理会計は、利益を上げるためにこれからどうしていくかを考えます。

 

ですから、未来に向けて考えていくので、モチベーションが上がりますよね。

 

3-2.定性的要因

定性的要因

 

次に定性的要因です

 

会計は基本的にお金のことについて考えますので貨幣的に考えていくことが多いです。

 

ますたん
またその他においても、製品を作る際の材料の量を管理したりします♪

 

これらを定量的といい、簡単に言えば数字で考えるということです。

 

ますたん
ですが管理会計はこれにとどまらず、定性的にも考慮される時があります♪

 

というのも、人が行なっている部分もあり定量的だけでは管理し切らないと考えられるからです。

 

そういった意味において機械的ではなく温かみのある会計だと言えるでしょう。

 

3-3.経営とのつながり

経営とのつながり

 

最後に経営とのつながりです

 

経営を行うにあたって管理会計は必須のスキルです。

 

ますたん
中小企業では管理会計で学ぶ技術を全て実際に使うとまでは言えません♪

 

ただ考え方や利用できるところも多分にあるので、経営を有利に進めていけると考えられます。

 

ますたん
ですから、経営と一緒に楽しみながら学んでいけると言えるでしょう♪

 

結論:柔軟性のある勉強です

 

管理会計の面白さ【3選】

・未来情報

・定性的要因

・経営とのつながり

 

管理会計は柔軟性があるので自分で利用したい知識を利用すれば良いです。

 

ますたん
そういった意味において可能性を秘めている勉強だと言えるでしょう♪

 

財務会計は、財務諸表を作成してしっかりと義務を果たしたり、間接的に信用を得ることができます。

 

ただ管理会計は直接自分の利益に関わってくることなので、興味を持つある人が多いです。

 

ますたん
ぜひ楽しみながら学んで行きましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Management Accounting) 管理会計, Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog