Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記で集計漏れやミスをなくす方法【3選】

 

 

 

ますたん
皆さんは集計が得意ですか?

 

簿記における集計は想像以上に重要なことなのです。

 

結論

結論から言えば、仕訳ができたとしても集計から表示の方法がしっかり出来ていなければ解答には結びつかないため、意識的に行う必要があります。

 

1.簿記の集計とは

簿記の集計とは

 

財務諸表の作成問題などが終わった後に、金額を集めていく作業です

 

ですからこれがしっかりと行われていなければ点数に結びつきません。

 

また実務においてはなお間違っていることは許されないので、慎重に行われる必要性があるのです。

 

ますたん
仕訳や表示方法にとらわれて集計を怠ってしまうということは、多分に起こりえますので注意していきましょう♪

 

2.簿記のラストスパート

簿記のラストスパート

 

集計をしっかりやりましょうということはなかなか言われません

 

やはり仕訳やそれを行う意味ということが大切になってきますので、通常はあまり意識しないと言えます。

 

ですが、この集計作業は時間がかかるうえ、効率よくミスなく行えるかがとても大切です。

 

マラソンに例えれば、最後の数キロと言えます。

 

ますたん
ラストスパートをかけるか否かで結果は大きく異なってくるので注意して行なっていきましょう♪

 

3.簿記で集計漏れやミスをなくす方法【3選】

簿記で集計漏れやミスをなくす方法【3選】

 

簿記で集計漏れやミスをなくす方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.勘定科目から連想

勘定科目から連想

 

先ずは、勘定科目から連想です

 

ますたん
あなたは勘定科目を見てどのような仕訳が行われているか連想できますか?

 

これが分かるか否かでは大きな違いです。

 

仕訳を行った結果を単純に集計することも重要と言えます。

 

ただ勘定科目から連想ができると、『そういえばあの仕訳今回はないのかな』と集計漏れを防ぐことができます。

 

3-2.事前にルール決め

事前にルール決め

 

次に、事前にルール決めです

 

自分なりに集計のルールを作っておくと効率よく漏れなく行うことができます。

 

ますたん
また、『貸借対照表』と『損益計算書』の集計の違いも押さえておきましょう♪

 

『貸借対照表』の中で時価評価すべきものは即時価が貸借対照表に計上されます。

 

ますたん
これは取得原価などの場合も同様のことが言えるわけです♪

 

侮ってはいけませんが、『貸借対照表』は仕訳なく答えられてしまうこともあるため、比較的簡単と言えます。

 

ですから、両方解かなければいけない場合『貸借対照表』を優先するなど事前に決めておくことも有効です。

 

3-3.電卓はゆっくり

電卓はゆっくり

 

最後に、電卓はゆっくりです

 

これは私が何度も言っていることですが、絶対に電卓を焦って打ってはいけません。

 

電卓を早く打てることが一種のステータスのように感じてくることは良いことではあります。

 

ただ、それは試験や実務ではそこまで必要ありません。

 

ますたん
なぜならミスしてしまう可能性が高まってしまうからです♪

 

出来る限り間違えない速度で、打っていくことが重要と言えます。

 

結論:最後まで走り抜けましょう

 

簿記で集計漏れやミスをなくす方法【3選】

・勘定科目から連想

・事前にルール決め

・電卓はゆっくり

 

ますたん
教科書を読み仕訳の方法を覚えるなどするだけで試験に挑む方もいます♪

 

ただそれだと集計ができなく点数に結びつかない時も数多くあるのです。

 

ますたん
ですから日頃から集計を行い最後の数字(財務諸表など)に至るまで計算しましょう♪

 

そこでは、多種多様に解くというよりも勘定科目ごとに解くという方法が適しています。

 

ますたん
是非実践してみてください♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, , ,

© 2022 masutannblog