Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記をすぐ忘れる時の対処法【3選】

 

 

簿記の勉強は頭に残りづらいです。

 

ますたん
繰り返し勉強しても、すぐに忘れてしまいます♪

 

忘れないようにする対処法を講じていく必要があるでしょう。

 

結論

結論から言えば、量をこなして質を高める。

 

1.簿記をすぐ忘れる

簿記をすぐ忘れる

 

一生懸命勉強をしているのに見直したら忘れてしまっていると萎えてしまいます。

 

何度やっても頭に残らず大変な思いをすることも少なくありません♪
ますたん

 

勉強した内容は思っているよりもすぐに忘れてしまうのです。

 

ますたん
原因を追求して対処法を講じていかなければならないでしょう♪

 

2.簿記は忘れがち

簿記は忘れがち

 

簿記を忘れてしまうのは、基本的には量が多いからです。

 

一つ一つの勉強はそこまで難しくないですが、多種多様ような取引に対応しなければなりません♪
ますたん

 

また、初学者の頃は理解に苦しむので、理解しようと努力しているうちに昨日覚えた内容を忘れてしまいます。

 

ますたん
結果として想像よりも多くの量を忘れてしまっていることもあるでしょう♪

 

3.簿記をすぐ忘れる時の対処法【3選】

簿記をすぐ忘れる時の対処法【3選】

 

簿記をすぐ忘れる時の対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.頻度をあげる

頻度をあげる

 

先ずは、頻度をあげるです

 

頻度が少ないと理解していても忘れやすくなってしまいます。

 

間隔をあまり開けずに復習していくと良いでしょう♪
ますたん

 

とは言っても、徐々に復習する量は増えていきます。

 

ますたん
簡単にまとめて復讐するスピードも上げていくと良いです♪

 

3-2.ポイントを押さえる

ポイントを押さえる

 

次に、ポイントを押さえるです

 

ポイントを押さえていないと、効率的に復習できません♪
ますたん

 

ポイントを押さえられることで、復習する内容が少なくなります。

 

ますたん
簡単に頭で復習できるようになれば、忘れることがなくなるでしょう♪

 

重要な内容だけ忘れないようにしていく必要があります。

 

3-3.しっかり解く

しっかり解く

 

最後に、しっかり解くです

 

自分では効率的に解いていると感じていても、急いで正確性を失っている場合には、非効率です。

 

しっかり解けば流れを理解できて、忘れづらくなります♪
ますたん

 

一方で、とにかく解けば身体が解き方を覚えるのも事実です。

 

しっかり解いてみて、なかなか頭に残らない場合には、問題を解きまくり体に覚えさせた後もう一度ゆっくり解いてみましょう。

 

結論:量をこなして質を高める

 

簿記をすぐ忘れる時の対処法【3選】

・頻度をあげる

・ポイントを押さえる

・しっかり解く

 

忘れてしまうのはあなただけではありません。

 

ますたん
心配はいりませんが、対策が必要です♪

 

量か質のどちらかに頼るのではなく、両方を追及していきましょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog