Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記検定を受ける際の対策【3選】

 

 

簿記検定は対策が命です。

 

ますたん
対策せずに簿記検定を受けるのは非効率と言えます♪

 

効率的に簿記検定に合格するためにも対策が必要です。

 

結論

結論から言えば、視野を広げて考えましょう。

 

1.簿記検定を受ける

簿記検定を受ける

 

簿記検定は就職や転職などの際に有利です。

 

会社では様々な取引を行っておりそれを記帳する時はとても大切な存在といえます♪
ますたん

 

初めから武器に関する知識を持っている社員は、会社にとって必要な存在です。

 

募集要項などに簿記2級と書かれているのは、仕事を早く覚えられる可能性が高い、事前知識のある方を採用したいためでしょう。

 

2.簿記検定は反復が大切

簿記検定は反復が大切

 

簿記検定は内容の種類が多いため、反復しなければなりません。

 

ますたん
出来る限り効率的な勉強を心がける必要はあります♪

 

一方で、どれだけ効率を重視したとしても反復は必須です。

 

根気強く覚えていくことが、簿記の道を進む最短距離である可能性が高いといえます♪
ますたん

 

3.簿記検定を受ける際の対策【3選】

簿記検定を受ける際の対策【3選】

 

簿記検定を受ける際の対策【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.実践的

実践的

 

先ずは、実践的です

 

ますたん
取引の種類が多様にあるため、初めは一つ一つ見ていくべきだと思います♪

 

ですが、全てを細かく覚えて問題を解こうと思うのは危険です。

 

覚えられる場合には問題ないですか忘却との戦いになってしまうのは否めません。

 

検定を取る場合にはあくまで本試験で解けるかが大切です。

 

本番で解けるようになるためにはどうしたら良いのかを日頃から考えていきましょう♪
ますたん

 

3-2.理解と暗記

理解と暗記

 

次に、理解と暗記です

 

ますたん
対策を行う時に気になるのが理解を重視するのか暗記を重視するのかという問題でしょう♪

 

確かにどっちを重視すべきなのかは気になるところです。

 

一方で、実際にはどこからが理解でどこからが暗記なのか微妙なところもあります。

 

基本的には理解を重視して、考えても分からないところはとりあえず暗記しましょう。

 

後に理解が追いついてくる場合もありますし、足踏みをしているかのように理解を無理に重視する必要もありません。
ますたん

 

3-3.簿記以外

簿記以外

 

最後に、簿記以外です

 

簿記検定を受けるからには簿記を勉強していれば受かるというのは間違いでしょう。

 

ますたん
簿記検定は試験であり、寝不足であったり過度な緊張をしてしまえば問題は解けません♪

 

日頃から体調管理を行い、模試を受けるなど本試験に近い状態に慣らしていく必要があります。

 

また、筆記用具の種類、試験時間、会場の場所など簿記の問題以外にも気にすべきところは沢山考えられるでしょう。

 

簿記の問題だけに固執せず広い視野を持っていくべきです。

 

結論:視野を広げて考える

 

簿記検定を受ける際の対策【3選】

・実践的

・理解と暗記

・簿記以外

 

簿記の問題を解ければ合格できると思いテキストを丸暗記するのは危険と言えます♪
ますたん

 

工業簿記などはどの会社にも適用できるように基本が原価計算基準に書かれているので、そのレベルは丸暗記でも良いです。

 

ますたん
一方で難しい簿記の場合は取引が多様にあり、全ての問題を丸暗記するのは不可能でしょう♪

 

広い視野をもって、普遍的な内容を捉えると共に、また簿記以外のところでも注意深く考えていくべきです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog