(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記の問題集は3回繰り返し解くべき理由【3Step】

 

 

簿記の問題集は繰り返すのが良いと聞くことがあるかもしれません。

 

ますたん
簿記の内容は忘れやすく頭に残すために繰り返すのは正しいでしょう♪

 

しっかり頭に残していける方法を模索する必要があるのです。

 

結論

結論から言えば、3回程度繰り返すことにより自分が解けない問題をしっかり把握するのが重要と言えます。

 

1.簿記の問題集を繰り返す

簿記の問題集を繰り返す

 

簿記の問題集は1回解いてみれば良いと考えるかもしれません。

 

確かに一般的な問題集よりも過去問を解く方が実践的ではあります♪
ますたん

 

ですが、余裕がある場合には問題集を繰り返し解くのも効果的です。

 

ますたん
問題の意味について把握することができます♪

 

2.簿記の問題集を繰り返すメリット

簿記の問題集を繰り返すメリット

 

簿記の問題集は、過去問のように難しくないことが多いです♪
ますたん

 

それよりも、論点ごとに基礎的な問題が出題されています。

 

ますたん
出題方法だけでなく、本質を掴みやすくなるでしょう♪

 

問題集を完璧に仕上げてから過去問に行くのが望ましいですが、問題集を完璧にしたから過去問が完璧になるわけではありません。

 

効率を追い求めるのであれば、3回程度繰り返しといておくと良いでしょう♪
ますたん

 

3.簿記の問題集は3回繰り返し解くべき理由【3Step】

簿記の問題集は3回繰り返し解くべき理由【3Step】

 

簿記の問題集は3回繰り返し解くべき理由【3STEP】は、以下の通りです。

 

Step1

Step1

 

ますたん
1回目は何もわからないので、丁寧に解いていきましょう♪

 

わからなかったところは答えを見ながら一つずつ埋めていくと良いです。

 

ただし、わからないことがあまりにも多すぎるので、嫌になってしまうこともあるかもしれません。

 

丁寧に解きつつも、嫌にならない程度ざっくり進めていきましょう。

 

Step2

Step2

 

2回目は、前回解けた問題が今回も解けるのかの確認です。

 

簿記の試験の中でも、公認会計士短答などのようにマークシートの試験の場合にはたまたま当たってしまう可能性もあります。

 

2回解ければ、次も解ける可能性が高いです。

 

できれば、解けた内容を理解しているかも考えてみましょう♪
ますたん

 

Step3

Step3

 

3回目は、繰り返し間違えている問題は、凡ミスなのか本当に理解していないのかを考える必要があります。

 

凡ミスの場合には理解が追いついているのでミスをしない工夫が必要です。

 

逆に理解していない場合にはテキストを理解するのが賢明と言えます。

 

ますたん
3回解けば自分の得意な部分と苦手な部分なども理解することができるようになるでしょう♪

 

結論:余裕があれば3回解く

 

余裕があれば3回解くと有利になりますが無理に解く必要ありません♪
ますたん

 

余裕がなければ過去問から解いていっても良いでしょう。

 

ますたん
過去問も3stepを意識しながら解くと本当にわからない問題を把握できるので、改善していけるようになるのです♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog