(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計)

公認会計士短答式試験をマスターするコツ【3選】

 

 

短答式試験は試験範囲が広く、勉強方法が難しいです。

 

ますたん
闇雲に勉強するだけでは点数は上がりません♪

 

コツを把握した上で効率的に勉強を進めていく必要があるのです。

 

結論

結論から言えば、短答式試験の性質を把握していくことが鍵を握ります。

 

1.公認会計士短答式試験

公認会計士短答式試験

 

公認会計士短答試験試験は、いわゆる一次試験です。

 

ですが合格率は1割前後と低く、難易度の高い試験になっています♪
ますたん

 

勉強しているだけでは合格できません。

 

ますたん
ではどのようにしたら良いのでしょうか?

 

日頃からどう改善していけば点数が取れるのかについて模索していく必要があるのです。

 

2.短答式試験は広範囲

短答式試験は広範囲

 

短答式試験の試験範囲は広範囲に及びます。

 

人間は忘れていくことを考えると、ゆっくり一つずつ読んでいるだけでは忘れていってしまうでしょう♪
ますたん

 

高回転の勉強方法を継続していく必要があるのです。

 

ますたん
継続しなければ元も子もないので、コツ以前に継続は絶対していく必要があるでしょう♪

 

3.公認会計士短答式試験をマスターするコツ【3選】

公認会計士短答式試験をマスターするコツ【3選】

 

公認会計士短答式試験をマスターするコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.取捨選択

取捨選択

 

先ずは、取捨選択です

 

公認会計士短答式試験の内容を知らない方は全問解かないといけないと考えがちかもしれません。

 

ですが、実際には問題の取捨選択も問われていることが多いです♪
ますたん

 

管理会計などは特に解く問題を選択しなければ解かなくてはいけない問題が解けなくなってしまいます。

 

問題の取捨選択を日頃からできるようにしていく必要があるのです。

 

3-2.解くべき論点

解くべき論点

 

次に、解くべき論点です

 

基本的には難易度が低ければどの論点から出題されても解答すべきではあります。

 

ますたん
一般的に出題可能性が高い問題は満遍なく勉強しておくと良いでしょう♪

 

そうすることで、解く問題をその場で把握できるようになります。

 

解くべき論点をその場で把握するためには問題に触れていくしかありません。

 

問題の取捨選択をするためにも論点として得意論点を増やすなども大切です。

 

3-3.財務会計中心

財務会計中心

 

最後に、財務会計中心です

 

あくまでもメインは200点満点の財務会計と言えるでしょう。

 

財務会計は理論も8点ですので、絶対に落としたくないという思いで学習していく必要があります♪
ますたん

 

計算問題も理論と異なり体が覚えていれば分からなくても感覚で解けてしまうかもしれません。

 

ますたん
それでも点数は点数なのでしっかり対策していくと良いでしょう♪

 

結論:なにより問題を選ぶ

 

公認会計士短答式試験をマスターするコツ【3選】

・取捨選択

・解くべき論点

・財務会計中心

 

解く問題を理解できるかがカギを握ると言っても過言ではありません♪
ますたん

 

問題の取捨選択は理解していないとできないので、切り捨てられるような知識が必要です。

 

ますたん
深い論点よりも基礎的な問題を確実に攻めていきましょう♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計)
-, ,

© 2022 masutannblog