Accounting(会計)

【短答】企業法を攻略するために意識するべきこと【3選】

 

 

企業法の勉強は量が多く暗記する必要があります。

 

ますたん
ただ暗記をしているだけでは知識が定着して行かないので工夫が必要と言えるでしょう。

 

細かすぎるところまで覚えていると基礎的な内容を忘れてしまうので注意しなければなりません。

 

結論

結論から言えば、要点を絞って重要なところを比較しながら暗記するのか良いです。

 

1.企業法の攻略

企業法の攻略

 

企業法も他の科目と同様に難易度がまばらなので、攻略するのは難しいように感じます。
ますたん

 

特に、見たことのないような細かい部分が出題されている時には、「自分が点数を上げて行くのは無理かもしれない」と感じてしまうかもしれません。

 

ますたん
そういう時には他の方も同様に点数が取れないので気にする必要はないでしょう。

 

少なからず他の科目同様基礎的な出題を逃さないことが大切になってきます。

 

2.ただの暗記は危険かも

ただの暗記は危険かも

 

企業法は暗記がとても大切です。

 

とは言え、呪文のように暗記したことは、時間が経つと忘れてしまうことが多いでしょう。
ますたん

 

テキストをそのまま暗記するのもあまり良くないと言われます。

 

ますたん
実際にされる部分は似ているところがあり、見たことのある問題を落とさないことが大切だからです。

 

あまり細かく知識を広げすぎないことも肝心なのかもしれません。

 

3.企業法を攻略するために意識するべきこと【3選】

企業法を攻略するために意識するべきこと【3選】

 

企業法を攻略するために意識するべきこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.本質を捉える

本質を捉える

 

先ずは、本質を捉えるです

 

企業法の勉強をしていると原則だけでなく、例外がたくさんあることも多いです。

 

例外があまりにも多すぎる場合、覚えきれないどころかどれが原則なのか、原則の内容を忘れてしまうこともあります。

 

そうならない為にも、なぜその規定が置かれているのかを考えてみましょう。
ますたん

 

本質が理解できれば、なぜそれが原則なのかを理解でき、例外の内容も分かるかもしれません。

 

3-2.比較暗記

比較暗記

 

次に、比較暗記です

 

企業法の点数が高い方は、自分なりに比較して覚えていることが多いかもしれません。

 

・取締役会と監査役会

・監査役と監査等委員である取締役

 

このように似ていて間違いやすい論点のどこが違うのかを把握しておくことです。

 

ますたん
逆を返せば似ている論点は、どこが違うのかを把握しておけばそれ以外は同じと把握できます♪

 

出題されやすく引っかかりやすいので注意が必要です。

 

3-3.確率

確率

 

最後に、確率です

 

本試験では自信を持って解答できる問題が少ないかもしれません。

 

あくまでも確率を上げていく方法を見出していくのが大切です♪
ますたん

 

「必ず」と書かれている場合には、例外がひとつでもあれば誤りになります。

 

ますたん
誤りである可能性が高いのではないかと考えるのが賢明です♪

 

逆を返せば、日頃からこのような言い切りの形を覚えておくと判断しやすいかもしれません。

 

結論:要点と比較暗記

 

企業法を攻略するために意識するべきこと【3選】

・本質を捉える

・比較暗記

・確率

 

とにかく膨大な量を全て覚えるのは非効率的です。

 

「遅滞なく」と「速やかに」などの引っ掛けやすい部分などを比較して暗記しておきましょう♪
ますたん

 

そうすることで知識として定着しやすく、実際の試験に応用がききやくすなります。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog