(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

公認会計士短答式試験の勉強時間の目安は!?勉強時間を短縮するための方法【3選】

 

 

ますたん
公認会計士短答試験試験を勉強するに当たる気になるのが勉強時間の目安です♪

 

忙しい生活の中でいかに勉強時間を確保しなければいけないのか現実的になるでしょう。

 

結論

結論から言えば、ばらつきは大きいものの2500時間から5000時間が基準と言われます。

 

1.公認会計士短答式試験の勉強時間の目安

公認会計士短答式試験の勉強時間の目安

 

公認会計士短答式試験の勉強時間の目安は2500時間から5000時間です。

 

1年間でこれをこなそうとすれば、6.8~13.7時間と言えます♪
ますたん

 

専念しない限りこの時間を確保するのはとても難しいです。

 

1年とは言わず、もう少し長いスパンで考える方が現実的と言えます。

 

2.バラツキが大きい

バラツキが大きい

 

ますたん
勉強時間の目安はあくまでも目安にしかなりません♪

 

難しい試験は出題の幅がとても多く、上位1割前後に入る為には勉強のコツが必要です。

 

理解重視で勉強をし過ぎてしまうと時間がかかりすぎてしまうでしょう♪
ますたん

 

理解しないと頭に入ってこない方は、問題を解けるようになるまで時間を要します。

 

3.勉強時間を短縮するための方法【3選】

勉強時間を短縮するための方法【3選】

 

勉強時間を短縮するための方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.とりあえず解けるように

とりあえず解けるように

 

先ずは、とりあえず解けるようにです

 

理解してとければ完璧であり、重要な部分はそうすべきです。

 

ますたん
ただ、それ以外はとりあえず解けるようにしておきましょう♪

 

理解していなくても解ける問題は沢山あります。

 

勉強時間を縮めるためにはこう言ったコツが必要です。

 

3-2.過去問重視

過去問重視

 

次に、過去問重視です

 

何といっても過去問を重視すべきでしょう♪
ますたん

 

難しい試験になると過去問の問題がそのまま繰り返し出題されることは可能性として低いので軽視されがちです。

 

ですが実際にはやはり傾向として現れてきます。

 

その時の流行りのようなものがあるので、直近の過去問などを重視すると良いでしょう。

 

3-3.マイペース

マイペース

 

最後に、マイペースです

 

何といっても試験で大切なのはマイペースであり他の人に左右されないことをと言えます。

 

生活環境が違えば進捗度は異なるのです。

 

年齢などにより比較されがちですが、実際は到底比べられるものではありません。

 

ますたん
誰に何を言われても気にせずマイペースで勉強を継続していきましょう♪

 

勉強しない時間が空けば、その分思い出す時間が増えてしまうので、気楽に勉強していくことです。

 

結論:マイペースに継続

 

勉強時間を短縮するための方法【3選】

・とりあえず解けるように

・過去問重視

・マイペース

 

勉強時間の目安は参考にはなりますがあくまでも目安でしかありません♪
ますたん

 

5000時間以内に合格できなかったとしても、あなたが劣っているわけではないのです。

 

ますたん
何も気にせず過去の自分と比較して成長していけるように勉強を継続するのが一番勉強時間が少ないでしょう♪

 

マイペースに継続が成長のために最重要項目です。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog