Think(考える)

Webライターで1万円稼ぐまでに行うべきこと【3選】

 

 

Webライターで稼ぐ為には、とりあえず1万円稼いでみると良いでしょう♪
ますたん

 

実際に稼ぐ手順が見えてきますので、その後の執筆活動が捗ります。

 

参考

結論から言えば、クラウドワーキングサービスでプロジェクト案件に応募し実際に記事を執筆することが大切です。

 

1.Webライターで稼ぐためには

Webライターで稼ぐためには

 

Webライターで稼いでいくと考えたとしても、どのように受注すれば良いのか分からなくては、進めていくことができません。

 

個人で行なっている場合には、営業も自分でないやらなくてはいけないのです。

 

ますたん
ただし、会社の記事を書かせてくれた頼んだとしても、了承は得れないでしょう♪

 

実際に執筆経験を積んでいく必要があります。

 

2.焦らない

焦らない

 

Webライターの業務は、会社に勤めるのと異なり、生活は比較的自由ですが、初心者の頃の収入は少ないです。

 

だからといって焦る必要はありません♪
ますたん

 

通常のサラリーマンと比較して焦る方が多々いますか、そもそも業種も形態も違うので比較対象にならないのです。

 

ますたん
Webライターははじめ、大体の方が数百円の稼ぎから始めているでしょう♪

 

少しずつ積み上げていけば良いのです。

 

3.Webライターで1万円稼ぐまでに行うべきこと【3選】

Webライターで1万円稼ぐまでに行うべきこと【3選】

 

Webライターで1万円稼ぐまでに行うべきこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.クラウドワーキングサービスに登録

クラウドワーキングサービスに登録

 

先ずは、クラウドワーキングサービスに登録です

 

クラウドワーキングサービスとは、簡単に言えば仕事を頼みたい人と仕事をしたい人の仲介業者です。

 

クラウドワーキングサービスに登録すれば仕事を受注できるようになります。

 

ただしさまざまな案件があり初めは分からないかもしれません♪
ますたん

 

少しずつ操作方法について学んでいき仕事を獲得する必要があります。

 

3-2.プロジェクト案件に応募

プロジェクト案件に応募

 

次に、プロジェクト案件に応募です

 

タスク案件と呼ばれる、単発での仕事は安価なものが多いと言えます。

 

また安定的に仕事が行えないためプロジェクト案件が良いでしょう。

 

プロジェクト案件に応募を行い、少しずつ受注できるようになっていく必要があります。

 

ますたん
ここでも応募が通らないと悩む方が多いですが、数件送って1件取れれば良いほうです♪

 

プライドを持たず次々応募していきましょう。

 

3-3.記事を執筆

記事を執筆

 

最後に、記事を執筆です

 

仕事を受注することができたら、実際にクライアントの意向に沿った記事を執筆していきましょう♪
ますたん

 

ここで受注した案件が安価であり、あまり稼げないと感じても問題ありません。

 

初心者の頃の経験が後に、役立ってきます。

 

初めは金額の多寡にかかわらず、記事を執筆してお金を稼ぐことに集中するとよいでしょう。

 

結論:クラウドワーキングサービスを利用

 

Webライターで1万円稼ぐまでに行うべきこと【3選】

・クラウドワーキングサービスに登録

・プロジェクト案件に応募

・記事を執筆

 

Webライターとして自分で直接仕事を受注するのは難易度が高いです。

 

また、クラウドワーキングサービスは手数料が取られますが、もし仕事をしたお金が振り込まれない場合など、対処してくれるので安心感があります。

 

初心者のうちはクラウドワーキングサービスの利用一択で良いでしょう。

 

ますたん
1万円程度の金額であれば、はじめを乗り切ればすぐに稼げるようになります♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog