Think(考える)

共感されることはウザイ?嬉しい?大切な理由【3選】

 

 

ますたん
皆さんは共感される事についてどのように考えますか?

 

共感一つの考え方にしても人により様々です。

 

結論

結論から言えば、共感してくださる方を前にしてウザいと、考えてしまう方は注意が必要です。

 

1.共感とは

共感とは

 

相手の意見に賛同することです

 

基本的には嬉しいことかもしれません。

 

ますたん
ですが人によってはうざく感じる方もいます♪

 

そのうざく感じてしまうのには様々な理由があるのです。

 

2.共感がうざい

共感がうざい

 

共感がウザいという方は、一定数います。

 

例えば以下のことです

・全てに共感

・マウント

 

全てに共感される場合、なにも考えずに共感している可能性が出てきます。

 

また、良いことでも悪いことでも「私の方が~」と言われてしまうと悪気がなくても良い気はしないかもしれません

 

確かにこれらに該当する場合にはあまり付き合わない方が良いと言えます。

 

ますたん
その判断は慎重に行わなければいけません♪

 

3.共感が大切な理由【3選】

共感が大切な理由【3選】

 

共感が大切な理由【3選】は以下の通りです。

 

3-1.相手を尊重

相手を尊重

 

先ずは、相手を尊重していることです

 

共感しているということは寛容な心の持ち主です。

 

ますたん
ですから日頃から勉強し色々な経験を重ねて考え方を獲得してきた方だと言えます♪

 

そのような場合にはとても崇高な方なので、お付き合いを続けていく必要があるでしょう。

 

共感するというのは本当の意味で共感していなくても、相手を尊重するという意味もあるのです。

 

3-2.ポジティブ

ポジティブ

 

次に、ポジティブです

 

相手に相談された時にネガティブに返すことは厳禁です。

 

ますたん
そんな時、共感してもらうことで気持ちは和らぐことでしょう♪

 

ですからポジティブになってもらいたくて共感してくださっている可能性もあるわけです。

 

ますたん
それをしっかり受け止めていきましょう♪

 

3-3.否定を最小限に

否定を最小限に

 

最後に、否定を最小限にすることです

 

ますたん
間違っている時には間違っていると言える方は希少です♪

 

ただ常に否定していることは良いこととは到底言えないでしょう。

 

ますたん
倫理的にそれは分かっている方が多いはずです♪/st-kaiwa1]

 

あなたは人から話を聞いた時に「それは違う」と日頃から行っていますか。

 

考えが完全に一致することはほとんどなく多少のずれは許容しながら人が暮らしています

 

ですから否定をされ続けると信用性がなくなっていくと言えます。

 

[st-kaiwa1]それが分かれば共感していく必要があると誰でも分かるはずです♪

 

結論:共感は相手のことを考えられる人な可能性が高いです

 

共感が大切な理由【3選】

・相手を尊重

・ポジティブ

・否定を最小限に

 

人は特に変わっている人に目がいきがちです。

 

ますたん
ですから会社などでも肯定せずに、はっきり意見を言う人が重宝されがちと言えます♪

 

ただ、それは絶対的にそのようなと考えられる場合であり基本的には共感できる人が最強です。

 

ますたん
共感してくださる方を大切に自分も共感できる人間になっていきましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog