Think(考える)

動きたくない時に動く方法【3選】

 

 

やらなければいけないことがたくさんあるのに動きたくない時誰でもありますよね。

 

ますたん
やらなければいけないのに動けなくてもやもやしてくるでしょう♪

 

毎回嫌な思いをしないように改善策を講じていく必要があります。

 

結論

結論から言えば、動くのが1番楽なので頭を使いながら機械的に行動することです。

 

1.動きたくない時とは

動きたくない時とは

 

家事や宿題などやらなければいけないことがたくさんあります。

 

ですが、疲れている時などは特に動きたくありませんよね♪
ますたん

 

やらなければいけないのは分かっているけれども体が動かない時、非常に困ってしまいます。

 

どうしたら動けるようになるのか考えていかなければなりません。

 

2.やらなきゃいけないこと

やらなきゃいけないこと

 

人は好きなことなら意外と疲れていてもすぐにこなせてしまいます。

 

ますたん
仕事に行く時は朝起きれないのに休みの日は早起きしてしまう人もいるでしょう♪

 

やらなければいけないことは日頃から減らしていく必要があります。

 

何も考えずに嫌な思いをしながら同じ行動を繰り返さないようにできる限り改善していけば、少なからず楽になっていくでしょう♪
ますたん

 

3.動きたくない時に動く方法【3選】

動きたくない時に動く方法【3選】

 

動きたくない時に動く方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.動くのが1番楽

動くのが1番楽

 

先ずは、動くのが1番楽です

 

面倒に感じていますが、動くのが1番楽かもしれません。

 

なぜなら、嫌な思いを抱えながらずっと過ごさなければならないからです。

 

やらなければいけないと思いつつ3時間たって動き出すのであれば、1時間で終わらせて残りの2時間休んだ方が良いといえます。

 

ますたん
嫌なことは先に終わらせてメリハリをつけた行動を大切にしていきましょう♪

 

3-2.機械的

機械的

 

次に、機械的です

 

日常的に行っていることだと、トラウマのように思い出してしまうかもしれません。

 

髪を乾かすのが面倒だからお風呂に入りたくないこともあるでしょう♪
ますたん

 

作業のようなことはできる限り感情を入れずに、機械的にこなしていくことです。

 

ますたん
作業を分解して、服を脱ぐ→お風呂に行く→頭を洗う→体を拭く、ここまで来て初めて頭を乾かすでしょう♪

 

嫌なことを先に考えず、機械的にこなしていけば1つずつ進んでいきます。

 

3-3.頭を使う

頭を使う

 

最後に、頭を使うです

 

とにかく動いて終わらせてしまうというのも1つの手かもしれません。

 

ですがミスをしてしまったりすれば2度手間になってしまうこともあります。

 

そうならないためにも頭を使って計画・実行してきましょう♪
ますたん

 

ミスをしてしまったら次にしないようにしていくのです。

 

ますたん
面倒に感じますがしっかり行なっていくのが一番ラクだと言えるでしょう♪

 

結論:動いた方が楽

 

動きたくない時に動く方法【3選】

・動くのが1番楽

・機械的

・頭を使う

 

やらなければいけないことは動いて終わらせてしまった方が楽です。

 

これを知っているだけでも、やってしまおうと思えるかもしれません♪
ますたん

 

また、出来る限り行動することを減らしていくことで、行動しなくても良い環境を整えていくことも有効でしょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-

© 2022 masutannblog