Think(考える)

【効率】定常業務を革新的に行うことが大切【方法】

 

目次

 

みなさんは、普段からやりたいことが出来ていますか?

 

時間が無いからしている暇がない💦

 

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

結論から言えば、

 

定常業務を革新的に行うことで効率的にして、やりたいことに時間を使うことが大切です♪


今回は、その重要性と方法についてご紹介していきます。

 

1.定常業務とは

定常業務とは

簡単に言えば、やらなければいけない為、普段から行っている業務のことです。

 

業務なので仕事だけのように思いますが、私生活においてもそのようなことはありますよね。

 

・掃除、洗濯、料理

 

・学校の課題

 

・仕事の段取り

 

このようなことは、普段から行わなければいけない為に日々の生活の中で、多くの時間を要しています。

 

2.なぜ革新的に行うと良いのか

なぜ革新的に行うと良いのか

これ等を効率的に行う為には、革新的に考えていくことが大切なのです。

 

それは、普段から行っていることだからこそ、行っていることが当たり前になっていってしまう為、非効率だったとしても考える機会なく、そのまま毎日行ってしまうことがあるからです。

 

ですから、常に革新的に考えて新しい方法を模索していく必要があります。

 

また、飽きてしまって非効率になることもありますよね。そのような場合にも変化を与えていくことで、新鮮な気持ちで行えることもあるので、革新的な視点は大切なのです。

 

3.革新的に行う方法

革新的に行う方法

 

革新的に行うには、以下のようなことを考えてみて下さい。

 

3-1 簡単にしていく

 

深く考えていくと、難しくなっていく方もいると思います。ですが、それは間違いです。

 

定常業務なので簡単にしていくことが大切です。

 

ですから、

 

面倒だからテキトーに行えば良いじゃん♪


と言うのも一理あります。

 

ですが、雑に行うのではなく、簡単にしていくけど、結果として出来ているというのが正しいと思います。

 

ですから、難しくならないように注意していきましょう。

 

3-2 標準化が大切

 

行う内容も時間もある程度、どのようなことをしたらどれくらいの時間がかかるのか、考えていくことが大切です。

 

そうすることで、計画を立てられますし、効率的に行えたか判断をすることが出来ます。

 

革新的に行うのとは逆のように思いますが、このように標準化していかなければその方法が革新的なのかどうかも分かりません。

 

普段行っている方法と比べて効率的な方法を模索していくためにも、標準は大切なのです。

 

3-3 創造力豊かに

 

革新的に行う為には、創造力が大切です。

 

固定概念が多いと、創造力がなくなり引き出しが少なくなりがちになってしまいます。

 

ですが、過去の成功を捨て去り、常に柔軟な考えで自分の行っている行動を見ていかなければいけません。

 

さらに、勉強を行い新しい視点を掴んでいくことを忘れないように努力していきましょう。

 

 

まとめ

このように普段から行っている定常業務を効率的に行う為、革新的な視点を持って行動することが大切です。

 

その為には、創造力を豊かにするのに日々努力を行い、簡単かつ標準化して常に最適な方法を模索していく必要があります。

 

そうすることで、余った時間を利用して自分が行いたい、業務や資格の勉強、副業なども行うことが出来ます。

 

時間を大切にしていくことを意識していきましょう

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog