(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記) 日商簿記3級

【簿記】商品売買の会計処理

 

 

今回は商品売買とは何か、会計処理についてもご紹介します。

 

1.商品売買とは何か

 

ますたん
ご自分が経営を行おうとしたら、何を売りますか?

 

そちらが商品です。

 

ご自分が主たる経営を行う際に売るものが商品です。

 

ですので、固定資産を持っていたものを売るのは商品ではありません。

 

ますたん
そちらの商品を仕入れるか製造して商品を売ります♪

 

その一連の流れを会計処理していくのが商品売買になります。

 

2.諸掛り

 

商品売買を行うにあたって商品代金だけ必要なわけではありません。

ますたん
ご自分が商品を買うとしたら代金以外に必要なお金はありますか?

 

ご自分が商品を売るとしたらただ商品代金を払えばよいのでしょうか。

 

仕入れるにしても手数料や配送料等掛りますよね?売る際も同様で、それを「諸掛り」と言います。

 

仕入れる為に掛った諸掛りは、商品代金に含めます。商品の仕入れに掛ったお金だからです。

 

ますたん
これに対して、売った時の諸掛は「発送費」などの勘定で処理します♪

 

これは、商品を売る為に掛ったお金ではありますが何に掛ったのかを明確に示すためです。

 

ますたん
買った際は含めて、売った時は別にと覚えておきましょう♪

 

3.基本的な会計処理

 

ますたん
基本的な会計処理を例を用いてみていきましょう♪

 

例1

 

商品を100円で仕入れ、手数料(諸掛り)10円とともに現金で支払った。

 

買った時の処理

仕入 110円 現金 110円

 

 

例2

 

仕入れた110円の商品を売上120円現金で受け取った。その際に送料(諸掛り)10円を現金で支払った。

 

売った時の処理

現金 120円 売上 120円
発送費 10円 現金  10円

 

このような会計処理を行います。

 

4.値引き・返品

 

値引きや返品は汚れや傷などで、値引きしたり・返品したりすることを言います。

 

ますたん
会計処理としては以下のように逆仕訳で処理します♪

 

例3

 

商品を110円掛けで仕入れていたが、汚れや傷があったので10円値引きして貰った。

 

買掛金 10円 仕入 10円

 

商品を110円掛けで仕入れていたが、汚れや傷が酷かったので返品した。

 

買掛金 110円 仕入 110円

 

このように金額が違うだけになります。

 

ますたん
ですが、なぜ金額が違うのかわかりますか?

 

安くしてもらったか(値引き)、商品自体を返しているか(返品)は違うので覚えておいてください。

 

ますたん
これは売った時も同様に逆仕訳です♪

 

例6

 

商品を120円売りかけていたが傷や汚れがあったので10円値引きした。

 

売上 10円 売掛金 10円

 

例7

 

商品を120円売りかけていたが傷や汚れが酷かったので返品した。

 

売上 120円 売掛金 120円

 

このように、基本的には似たような取引にはなります。

 

ますたん
ただ、最初は資産がどちらで増えるのか、これは資産なのか♪

 

色々考えてしまいがちだと思います。最初はコツコツ頑張ってください。

 

ますたん
徐々に分かってくると思いますので♪

 

では、ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記), 日商簿記3級
-, ,

© 2022 masutannblog