Think(考える)

社会人における矛盾の対処法【3選】

 

 

せっかく働き始めたのに矛盾していることが多くてやる気が出ないことありますよね。
ますたん

 

思っているよりも社会は矛盾していることだらけなのです。

 

結論から言えば、基本的には自分を変える必要がありますが、時に発言は必要と言えます。

 

1.社会人の矛盾とは

社会人の矛盾とは

 

社会人として働いていると、様々な矛盾に遭遇します。

 

ますたん
真面目に働いているのに矛盾に遭遇してしまうと一喜一憂してしまいますよね。

 

真面目に働いている人は結果を残せる世の中であればそれが一番良いです。

 

ですが、そのように円滑な社会ではないので矛盾に対する対処法が必要になってきます。

 

2.対処できないと

対処できないと

 

矛盾に対して対処法がわからない場合にはやる気がなくなってしまいます。

 

真面目であればあるだけ、真剣にやることがアホくさくなってきてしまうでしょう。
ますたん

 

社会人として働いていくためには、真面目すぎるとあまり良くないかもしれません。

 

柔軟性をもって行動していく必要があるのです。

 

3.社会人における矛盾の対処法【3選】

社会人における矛盾の対処法【3選】

 

社会人における矛盾の対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.流す

流す

 

先ずは、流すです

 

矛盾していることが直接的に自分に関係のない場合は流すことも1つの手と言えます。

 

大人として真っ向から向かっていくよりも、流した方が丸く収まるかもしれないからです。

 

SNSでも「スルースキル」と言われるように、昨今の社会においては必要な技術と考えられます。

 

ますたん
関わっていくべき人なのかどうかを慎重に考えましょう。

 

3-2.反面教師

反面教師

 

次に、反面教師です

 

矛盾していることに気づかないないし、見て見ぬふりをしている場合には、反面教師としてしまうのもありと言えます。

 

良い方向に矛盾している場合もありますが矛盾と言うからには基本的には悪いことです。
ますたん

 

こういう矛盾は人が嫌がるので、自分はしないようにしようと考えましょう。

 

自分が決して偉いわけではありませんが、反面教師として捉えておくのが吉です。

 

3-3.指摘する

指摘する

 

最後に、指摘するです

 

優しい人によくありがちなのが矛盾していたとしても試行錯誤を重ねて自分で処理してしまうことと言えます。

 

ますたん
大人として最善の選択であり、正しいことです。

 

ただし、その矛盾が自分に影響を及ぼしている場合には発言するべきといえます。

 

よくあるのが「言っても無駄」と考えてしまうことです。
ますたん

 

ですが、言わなければ間違いなく何も変わりません。

 

明らかに矛盾していると感じられる場合には、屈することなく発言する必要があります。

 

結論:基本的には自分を変える

 

社会人における矛盾の対処法【3選】

・流す

・反面教師

・指摘する

 

ますたん
相手を変えようと思ってもそう変わるものではありません。

 

基本的には自分を変えていくことが重要です。

 

ただし、その矛盾が特定の人の発言であるなど、具体的に帰られそうである場合には積極性をもって発言しましょう。
ますたん

 

変えられるものに集中して徹底的に頑張ることです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog