Think(考える)

試験に落ちた時にメンタルを保つ考え方【3選】

 

 

努力をしてきた試験に落ちた時誰しもメンタルがやられてしまいます。

 

ますたん
一方で試験勉強をしなければ合格する可能性が減ってしまうのも事実です♪

 

いかにメンタルを保ちながら考えていくかが大切になってきます。

 

結論

結論から言えば、試験に落ちることはそこまで問題ではないと考えるようにしましょう。

 

1.試験に落ちた

試験に落ちた

 

日々コツコツ努力を続けて、いざ試験を受けて落ちた場合、本当にがっかりします。

 

普段なら解けているのに試験の日に解けなかったら、尚落ち込んでしまうでしょう♪
ますたん

 

試験にかける思いが強ければ強いほど空回りしてしまう可能性もあります。

 

勉強をたくさん真剣にした人が受かるというわけでもないからです。

 

2.合格にはまた受けるしかない

合格にはまた受けるしかない

 

厳しい現実は、受からなかった事を受け入れて勉強を継続しなければ受かる可能性が減ってしまうことです。

 

ますたん
どうしても気持ちが晴れない場合には、ぐっとこらえて勉強に立ち向かうしかありません♪

 

一方でどんなに大切に感じる試験でも、他に大切なことは山ほどあります。

 

試験に落ちたからといって死ぬわけではないのです♪
ますたん

 

3.試験に落ちた時にメンタルを保つ考え方【3選】

試験に落ちた時にメンタルを保つ考え方【3選】

 

試験に落ちた時にメンタルを保つ考え方【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.人は人

人は人

 

先ずは、人は人です

 

ますたん
誰しも必ず当たる壁が他の人との比較でしょう♪

 

比較対象にならないのは分かっていながら比較してしまうのです。

 

比較をするのであれば、過去の自分と比較して成長しているのかが大切と言えます。

 

どうしても他の人と比較してしまう場合には、なぜ比較しても意味がないのか、合格した人との違いについて着目してみると良いです。

 

何より冷静に考えていくことが重要と言えます♪
ますたん

 

3-2.成長はしている

成長はしている

 

次に、成長はしているです

 

勉強を継続してきたのであれば、必ず成長はしています。

 

ますたん
ただ点数に表れていないだけでしょう♪

 

難しい試験になればなるだけ、テキストを理解していても解けない問題が出題されることも多いです。

 

受かる人ほど難しい問題に気を取られることなく、虎視眈々と基礎的な問題を積み上げています。

 

真似して勉強を継続していきましょう。

 

3-3.視野を広げる

視野を広げる

 

最後に、視野を広げるです

 

試験が全ての世の中ではありません。

 

だからこそ試験に合格したいのですが、メンタルがやられそうな時には視野を広げてみましょう♪
ますたん

 

趣味や友人、家族との時間はかけがえのないものです。

 

自分が楽しいと感じることはお金では買えません。

 

試験に合格したからと言っても、そちらがしっかりしていなければ、あまり変わらない可能性もあります。

 

ますたん
日頃の生活も大切にしながら、試験に合格した時には何がしたいのか具体的に考えていきましょう♪

 

結論:メンタルを守りながら前に進む

 

試験に落ちた時にメンタルを保つ考え方【3選】

・人は人

・成長はしている

・視野を広げる

 

自分のメンタルは自分で守れるようになっていきましょう。

 

合格するためにはどんな状況でも一歩ずつ前進するしかありません♪
ますたん

 

「絶対に合格する」この信念があなたを合格に導いてくれます。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog