Think(考える)

資格はいらない!?資格がくだらない理由【3選】

 

 

 

資格にチャレンジしているのは良いけど、この資格は本当に必要なのかと疑問に思う方も多いでしょう。

 

ますたん
業務を行うのになくてはいけない国家資格もありますが、それ以外の場合にはなくても業務はできます♪

 

そもそも国家資格含めて資格はくだらないと考えてしまうこともあるでしょう。

 

結論

結論から言えば、資格は必要なものであり取得していると有用ですが、現在の状況に適していないと考えられる側面もあるのです。

 

1.資格とは

資格とは

 

資格は、国より認められている独占業務を行えるようになる資格から、検定のように取得しても特に業務への影響がないものもあります。

 

業務に影響がないとはいえ、勉強を行った場合には知識が活きてくることは間違いありません。

 

基本的には資格自体が社会に認められている以上、取得しているに越したことはありません。

 

くだらないと考えられる部分はありますが、必要なのは受け入れるほかないでしょう♪
ますたん

 

2.資格試験の必要性

資格試験の必要性

 

ますたん
資格試験があるからには何らかの理由があるのは言うまでもありません♪

 

一般的に市場があるのでお金を儲けるために行っているの考えるのは普通ですが、実際に社会的に見ても必要と考えられるのです。

 

例えば、以下のような理由です

・証明

・可視化

・保証

 

資格により目に見えない知識を可視化できるようになり、一定程度の知識を有している保証を客観的に証明することが可能です。

 

3.資格はいらない!?資格がくだらない理由【3選】

資格はいらない!?資格がくだらない理由【3選】

 

資格はいらない!?資格がくだらない理由【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.試験日

試験日

 

先ずは、試験日です

 

資格は面接がある場合もありますが、試験の点数で合格不合格を判断することが多いでしょう♪
ますたん

 

ですが、試験日だけでは専門性に長けているかどうかは分からないことがあります。

 

ますたん
試験に緊張して睡眠が取れなかったり、食事が適切に取れなくなることも考えられるでしょう♪

 

また、いつもなら解ける問題であっても当日に解けなくなる可能性もあるのです。

 

試験日に出題された問題が、母集団に対する適切なサンプルかどうかは疑問に思ってしまうことも有るかもしれません。

 

3-2.試験内容と業務内容

試験内容と業務内容

 

次に、試験内容と業務内容です

 

試験の問題が解けることにより、業務ができるのかは分かりません。

 

業務は実際に日々定刻に出勤して、周りとコミュニケーションを取り、円滑に業務を行わなければいけないでしょう♪
ますたん

 

学者になる場合には、勉強のすべてが必要であり業務内容は関係ないかもしれません。

 

ですが、殆どの人は通常一般企業などで業務を行うことが多く、試験が解けただけで業務ができるのかは謎です。

 

3-3.協調性

協調性

 

最後に、協調性です

 

業務で大切なのは協調性でしょう。

 

ますたん
なぜなら、同僚も上司も顧客も相手は当然、人だからです♪

 

相手との対話によりコミュニケーションを取り、業務を行う必要がある以上、専門性が合っても意味がありません。

 

協調性があることで専門性も身につけられるとともに、円滑に業務を遂行していけるようになるのです♪
ますたん

 

試験では当然協調性があるかは図られないので、協調性がわかることはありません。

 

結論:くだらない側面もある

 

資格はいらない!?資格がくだらない理由【3選】

・試験日

・試験内容と業務内容

・協調性

 

資格にはくだらない側面も確かにあるでしょう。

 

ますたん
ですが、一般的に社会に認識されている以上、独占業務でなくとも必要と言えます♪

 

勉強した知識はあなたの強い味方です。

 

積極的に資格取得に挑んでいくと良いでしょう♪
ますたん

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog