Think(考える)

言われているうちが華!大人になると言われなくなる理由【3選】

 

 

ますたん
誰もが「言われているうちが華」という言葉を聞いたことがあるはずです♪

 

なぜ人に言われた方が良いのでしょうか?

 

結論

結論から言えば、正しい方向に修正できる可能性があるからです。

 

1.言われているうちが華とは

言われているうちが華とは

 

言われているうちとは、一般的に注意されている状況を指します。

 

華とは、簡単に言えばその方が良いということです♪
ますたん

 

言われていれば修正を繰り返して、華を咲かせることができるかもしれない。

 

つまり、結果が出るかもしれないのです。

 

2.言われなくなると

言われなくなると

 

人から注意をされなくなってしまうと、修正が出来なくなってしまいます。

 

ますたん
つまり、倫理的におかしいことでも自分で気づかなければ気づけません♪

 

人から注意を受ければ自分がおかしいのかもしれないと考える余地があります。

 

修正の繰り返しで人は正しい方向に向かっていくのです。

 

注意をされなくなってしまえば、どんどん変な方向に進んでしまう可能性があります。

 

よって言われているうちが華と言われるのです♪
ますたん

 

3.大人になると言われなくなる理由【3選】

大人になると言われなくなる理由【3選】

 

大人になると言われなくなる理由【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.関わりたくない

関わりたくない

 

先ずは、関わりたくないです

 

もし自分とは意見の合わない方に出逢えば、大人は関わりたくありません。

 

なぜなら、沢山の人を見てきているからです。

 

わざわざ意見の合わない人と一緒にいる意味がないことが分かります。

 

ますたん
注意をするのは面倒なので避けて通ろうとするでしょう♪

 

3-2.ストレスが溜まる

ストレスが溜まる

 

次に、ストレスがたまるです

 

基本的に注意をしなければいけないようなことをするかと一緒にいるとストレスが溜まります。

 

これは、人物がいけないわけではなく、単純に意見が合わない場合があるでしょう♪
ますたん

 

意見の相違なのか、その人物の倫理観がおかしいのか、そこまで考える理由もないので、注意しません。

 

わざわざストレスを溜めてまで注意する必要がないからです。

 

3-3.メリットがない

メリットがない

 

最後に、メリットがないです

 

注意してその方に直してもらったとしても、仕事で毎日関わらなければいけない場合を除き、メリットがありません。

 

わざわざ関係性を悪くする位なら、この場を穏便に済ませようと考える方が多いです。

 

注意をしても自分の人生には特に何も関係がないと考えます。

 

ますたん
それだけ注意をしてくれる大人は希少なのです♪

 

結論:注意は真摯に受け止めましょう

 

大人になると言われなくなる理由【3選】

・関わりたくない

・ストレスが溜まる

・メリットがない

 

注意をされたからといって必ず直さなければいけないわけではありません。

 

ただし、「うるさい」とすべて聞き入れなければ、何も言われなくなるでしょう♪
ますたん

 

面倒で逆に謝られる可能性すらあります。

 

ますたん
人の意見に耳を傾けることはそれだけ重要なのです♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog