Think(考える)

【相違】専門性と普遍性の違いを把握して勉強をしましょう

 

専門用語を利用した勉強と、普遍的な勉強はどちらも大切です。

 

ですが、

専門性と普遍性の違いを把握していかなければいけません♪

 

と言うのも、方向性を正しく勉強していかなければ正しく勉強していけないからです。

 

結論専門的なことも、人に普遍的に説明できるように勉強していく必要があります。

今回はその内容について詳しく説明していきます。

 

1.専門性

専門性

 

先ずは、専門性を持った勉強です

 

基本的には何か勉強を行っていこうと思えば、その勉強で利用されている専門用語があります。

 

ですから、その用語を覚え内容理解に努めていかなければなりません。

 

専門用語は普段話すにあたっては、勉強している方でない限り理解できる方が少ないので控えなければなりません。

 

参考記事:専門用語【乱用注意】

 

ですが、専門用語はその分野を行うにあたって円滑に表現できるように成り立ってきている用語ですので、専門家内での会話は利用した方がスムーズに会話が進むでしょう。

 

2.普遍性

普遍性

 

次に、普遍性を持った勉強です

 

普遍性を持った勉強とは、どのようなことにも共通して利用できる知識を学ぶことです。

 

このような知識は、日常生活において学んでいることが多いです。

 

何事にも利用できるので、普遍的な説明は簡単で誰しもが理解できる可能性が高いです

 

 

ですから、言い伝えられてきている知識は比較的普遍性が高く誰しもが正しいと思っている知識ですので普遍性が高い知識です。

 

3.両者を把握した上での勉強法

両者を把握した上での勉強法

 

最後に、両者を把握した上での勉強法です

 

全てを共通して勉強していくことは勿論大切です。

 

ですが、会社で働いていればその働いている分野における専門的な知識が身に付いていくことが多いです。

 

その中でも大切なのはやはり、普遍性を持つ、何事にも利用できる知識です。

 

専門的なことを勉強していながら普遍性の方向に勉強を進めていく必要があるのです

 

 

簡単に言えば、日々の仕事や専門的な勉強の中で生きていくに辺り必要な普遍的な知識を、見付けそれを人に教えていけるように簡単に考えていく必要があるということです

 

自分で専門的なことを理解することも必要ですが、分かったことを他の方が理解できるよう説明して共有できることが大切です。

 

そのような視点を持って日々勉強に努めていく必要があるのです。

 

まとめ

 

このように、専門的な勉強と普遍的な勉強を把握していかなければなりません。

 

そこでは、自分の日々努力していることから何事にも利用できる知識を見付け、人に説明していく必要があります。

 

ですから、専門用語を利用して自分だけ理解していたとしても自分だけ分かっている状態では、理解が乏しいと言えます。

 

色々な勉強をしなきゃ♪

と思いがちなんですが、専門的な勉強を極めて普遍的な知識を身につけるように努力していけば他の勉強にも役に立ちスムーズに勉強をしていくことが可能です。

 

更に、普遍的な勉強を心掛けていれば人に説明することも出来ます。

 

人に説明が出来ればその知識を共有できるので、更に人を助けていける可能性が高まります。

 

そのように日々勉強していくことが大切なのです。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog